俳優の中村倫也、吉岡里帆、向井理が24日、都内で開催されたゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』の舞台あいさつ・上映取材に出席。中村は、ハードな役柄を務めた吉岡について「一生懸命動いて頑張ってセリフを言っている里帆ちゃんはいるけど、魂はどこかのベッドに行っているなっていう瞬間が。幽体離脱ってこうやるんだって思いました」と白い歯を見せて語った。

 中島かずきが書き下ろした本作は、主人公の安倍晴明(中村)が、狐霊のタオ(吉岡)、陰陽師宗家の跡取り・賀茂利風(向井)らと織りなす壮大な歴史ドラマを描く。

 中村は吉岡について「芝居でも体力を使うし、今回は特に殺陣の達人みたいな(早乙女)友貴とコンビで立ち回ることも多いんですけど、一緒にやるってなると物理的な体力も使うし。相当大変なことを毎回(劇団)新感線は客演の女優さんに求めているなっていうのは、まあまあ、みんな知っていることなんですけど、それを多分(吉岡は)あんまり分かってなかったので(笑)」と回想。

 続けて「不安はあったと思いますけど、あんまり人に弱いところを見せない人なので。『大丈夫です』って言って大丈夫じゃない状態になっていくみたいな稽古も見ていたし。でも、これだけ一生懸命やれる人がまず少ないだろうなあって思ったし、本当に立派な女優さんだなって」と労っていた。

 これに「ありがたきお言葉です」と照れ笑いを見せた吉岡は「灰みたいになっている日が何日かあって、燃え尽きすぎて。やることが本当に多いんですよ。同時にやるっていう要素が」と説明。「いのうえ(ひでのり)さんの演出って、人間離れしたことを人間はできると信じている演出っていうか(笑)。できるよね!みたいな。君たち役者なんだからできるよ! 頑張れ! みたいな。やるしかないというか。こっちも。そうですよね! って。やります! プロだし! 頑張るぞ! そういう感じでした」と明かしていた。

 また吉岡が向井について「まず等身がすごい。毎回感動しますもん」とせん望の眼差しを向けると、向井は「自分は変わってないから、何とも思ったことない」と笑顔で返答。中村は「『キャプテン翼』の世界」と発言し、吉岡は「白と銀が合わさったお着物が、映える映える。神々しいというか」と劇中の向井の姿を称賛していた。

 映画『ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」』は公開中。