映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』より、日本版主題歌を手掛けたDREAMS COME TRUEの中村正人が、日本語吹き替え版で声優に初挑戦したほか、音声監修も務めたことが発表された。併せて、中村が声を担当したキャラクター“チャンプ”が登場する本編映像も解禁された。

 本作は、全世界でシリーズ累計約13.8億本を記録した日本発の人気キャラクターであるソニックをハリウッドで実写映画化し、全米でゲーム原作映画史上最高の興行収入記録を打ち立てた『ソニック・ザ・ムービー』の続編。

 今回、日本版主題歌を手掛けたDREAMS COME TRUEの中村正人が、日本語吹き替え版で声優に初挑戦したほか、音声監修も務めたことが明らかに。

 中村が担当した役は、ソニックたちが冒険の途中で出会う、コサックダンスの達人で強面の男性“チャンプ”。劇中でチャンプは、“ピボンカ”と呼ばれるダンスバトルでソニックとテイルスに勝負を挑む。解禁された本編映像は、チャンプが登場する冒頭シーンを収めたもの。この後、中村が自身のイメージとはかけ離れた荒くれ者をどのように熱演するのか、続きを確認したくなる映像となっている。

 吹き替え収録日当日、中村は「アフレコは、初めてです」と緊張。そんな中村の元へ、本作で悪の天才科学者ドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の吹き替えを担当している声優の山寺宏一が、指導役としてサプライズで駆けつけた。

 「あの場面の中に自分がいると思って、自分が“こんな感じかな”と思う倍以上でちょうど良い」という山寺のアドバイスを受け、迫真の演技でテイクを重ねる中村。その様子を外で見守っていた山寺は「言う事なしですよ! ばっちり!」と太鼓判。そしてアフレコを終えた中村に「お見事でした! 素晴らしかったです」と拍手を送った。アフレコ後、中村は「師匠山寺先生のアドバイスのおかげで、最初からトップギアで臨むことができました」と山寺に感謝した。

 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』は、8月19日より全国公開。