8月17日より配信される『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン11 UNLIMITED(Prime Video)より、香取慎吾、貴乃花光司、高橋克典、六平直政ら挑戦者たちの勇姿を映し出す予告編が、キービジュアルと共に解禁された。

 「ドキュメンタル」シリーズは、松本人志によって選ばれたお笑い芸人たちによる、妥協なしの、究極に自由な“笑わせ合いバラエティー”番組。「最後まで笑わなかった者、他者を笑わせてポイントを多く獲得したものが優勝」というルールのもと、2016年に配信開始されて以降、Prime Videoで不動の人気を誇る。

 シーズン11となる今回、お笑い芸人の出場はゼロ。綾小路翔(氣志團)、香取慎吾、上地雄輔、貴乃花光司、高橋克典、六平直政、森内寛樹(MY FIRST STORY)の7名が集結し、「ドキュメンタル」の新境地を開く、シリーズ初の“異種格闘技戦”が開幕する。

 予告編では、松本の「ドキュメンタル」に対する新たな実験と野望を感じさせる言葉と共に、挑戦者たちの雄姿が映し出されている。「今回が分岐点になる、参加者は全人類」と松本が語るように、これまでの「ドキュメンタル」の常識を覆し、新たな進化を感じさせる今作。「負けたくないです」と意気込む貴乃花は驚きのコスプレ姿で物まねを披露、「武道館より緊張してます」と緊張した言葉とは裏腹に、芸能界の大先輩に強烈なケツバットをお見舞いする森内、そして「とにかくワクワクしてます!」と語る香取は衝撃的なビジュアルに変貌。

 さらに、彼らの激闘を松本と共に見届ける「オブザーバー芸人」として、藤本敏史(FUJIWARA)、ケンドーコバヤシ、後藤輝基(フットボールアワー)の参加も決定。「ドキュメンタル」シリーズの常連である彼らならではの鋭いツッコミも見どころとなる。

 キービジュアルには、挑戦者たちが洗礼されたスマートな姿で一挙集結、と思いきや、よく見るとピコピコハンマーやハリウッドザコシショウのネタでおなじみの目玉メガネ、猫耳など、各自が小道具を携えており、真剣なまなざしとのギャップ満載な姿が写し出されている。

 収録を終えた松本は「今回のアンリミテッドというのは、これまでの型に収まらないというか、たが外しちゃえというか。もう本当に誰が出てもいいし、男女混合でも、子供だっていいわけで。参加者は全人類だということですね。最後は本当にチンパンジーくらいまでいけたらいいなと思ってますけど。メンバーはアンリミテッド一発目としては完璧やなと思うし、やっぱり芸人の戦いとは全然違うのね。今回が分岐点になるんでしょうね。そしてもうぶっちぎりのお笑いモンスターがいましたね。いや、ちょっとすごかったな…僕はもうめちゃくちゃ面白かったです」とコメントしている。

 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン 11 UNLIMITEDは、Prime Videoにて8月17日より本編4話一挙配信。