2023年1月スタートする北川景子主演のドラマ『女神(テミス)の教室〜リーガル青春白書〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の追加キャストとして、及川光博の出演が決定。主人公・柊木雫(北川)が実務家教員として赴任することになる青南法科大学院の学院長、守宮清正を演じる。

 本作は、法科大学院(ロースクール)を舞台に、裁判官で実務家担当教員の主人公・柊木雫(北川)と彼女を取り巻く人々が自身の価値観をぶつけ合いながら、法曹界のあり方を問うリーガルエンターテインメント作品。柊木が「人を知らなければいい法律家にはなれない」をモットーに、ロースクールで「法」だけでなく「人」を学ぶ授業を展開。“司法試験合格”という目先のゴールばかりにとらわれるロースクールの現実に向き合い、成長していく物語だ。

 意外にも主演の北川とは初共演の及川。実は大学時代、法学部で弁護士を目指していたという。そんな及川が演じる守宮は、柊木に信頼を寄せる彼女のよき理解者。守宮はローの存続のため、”司法試験合格率を上げる”という課題を達成しなければならない一方で、効率重視ではプロとして長く活躍できる法律家を育てることができないというジレンマに頭を悩ませていた。

 そんな現状を打破するため、守宮は、柊木を価値観も指導方法も全く異なる合理主義の教員・藍井仁(山田裕貴)と組ませることで、化学反応を起こそうと試みる。コミュニケーション能力に長けている一方で、「これは学院長命令です」と、半ば強制的に、柊木と藍井に合同演習を担当させるなど、食えない一面も持った魅力的な人物だ。

 及川は作品について「私も大学時代は法学部で弁護士を目指しておりましたので、直感で強い縁を感じましたね」としたうえで、「また、若手俳優たちが演じるロースクールの学生たちが、悩みながらも成長し、進化していく過程を目の当たりにしたいという気持ちになりました。物語としても、大きな感動を得られる作品になるのではないでしょうか」とコメント。

 自身の役については、「守宮というキャラクターを一言で表現するならば、“ほほ笑みのナイスミドル”です(笑)。主人公、柊木との関係性も楽しみにしてください。優しい笑顔で見守りながら何かしら画策している、もしかしたら法曹界の未来までも考えているんじゃないかな?と、想像しています」と述べ、自身の見解を披露した。

 また、フジテレビ ドラマ・映画制作部の野田悠介は「及川さん演じる守宮はとにかく食えない男。北川さん演じる柊木が青南ロースクールにやってきたのも、柊木と藍井を組ませたのも守宮なりの狙いがあった。まだここでは語ることができないのが残念ですが、そんな守宮の掴みどころのない役柄を及川さんがどのように演じて頂けるか楽しみです! 教員も学生もうまく取りこんでしまう守宮の人柄には及川さんしかいないと思いました!」と期待をあらわに。

 ドラマ『女神の教室〜リーガル青春白書〜』は、フジテレビ系にて2023年1月より毎週月曜21時放送。