ハリソン・フォード主演「インディ・ジョーンズ」シリーズの最新作にしてハリソンにとって最後の作品のタイトルが『Indiana Jones and the DIAL OF DESTINY』、邦題が『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』に決定。2023年6月30日より日米同時公開となることが決まった。加えて特報映像、ティザーポスターが公開された。

 「インディ・ジョーンズ」は、考古学者にして冒険家の主人公インディ・ジョーンズが秘宝を求めて世界中を飛び回りながら、さまざまな危険や謎に立ち向かい冒険を繰り広げていくアドベンチャーシリーズ。好奇心旺盛でハードボイルドなインディ・ジョーンズのキャラクターをはじめ、謎の遺跡やジャングルでのスリル満点な冒険、思わずくすっと笑ってしまうようなキャラクターたちによる掛け合いなど、さまざまな要素でアドベンチャー映画の“原点”にして映画史に残る作品の一つだ。

 本作では、5度のアカデミー賞受賞を誇る作曲家ジョン・ウィリアムズが作曲を担当するほか、『LOGAN/ローガン』『フォードvsフェラーリ』のジェームズ・マンゴールドが監督を担当。シリーズを通して監督を務めてきたスティーヴン・スピルバーグが製作総指揮として携わる。

 特報映像では、これまでの冒険の数々を振り返りながら、「インディ・ジョーンズ」シリーズにはなくてはならないジョン・ウィリアムズによるテーマ曲「レイダース・マーチ」に乗せて、ハリソン演じるインディ・ジョーンズがカムバック。インディの代名詞ともいえる華麗なムチさばきや、これまでの数々の冒険がフラッシュバックするような、巨大な丸い石が転がってくる場面、カーチェイス、銃撃戦などのアクションシーンも含まれている。

 1作目からインディを演じてきたハリソンは、本作が“最後の作品”になることをすでに明言しているが、映像の中には「何度も体験した――言葉を超えた奇跡を」「何を信じるかは重要ではない――どれだけ強く信じるかだ」という、インディの生きざまを物語るような印象的なセリフも。

 その他、若かりし頃のインディが謎の組織に捕らえられている場面に加え、『インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981)や『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)で度々インディを助けてきた発掘屋サラー(ジョン・リス=デイヴィス)も登場しており、インディのこれまでの冒険や物語との関わりも感じさせる。

 そんな本作の舞台は、米国とロシアが激しい宇宙開発競争を繰り広げていた1969年。これまで、考古学者であり冒険家として歴史的な秘宝を追い求めてきたインディが、宇宙という未来の領域にその力を広げようという両国の間でどんな冒険を繰り広げるのか。『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』というタイトルとの関連性にも多くの関心が集まりそうだ。

 さらに、すでに出演が発表されていた日本にも多くのファンを持つ俳優マッツ・ミケルセンが、実在する人物からインスパイアされたという、元ナチスでありながらNASAのエンジニアとして働いている本作のヴィラン、ヴォラー役を務めることが明らかとなった。インディとヴォラーが本作でどのように相対していくことになるのか。今回の映像の中には、マッツ演じるヴォラーの姿だけでなく、役どころは不明だが、『マスク・オブ・ゾロ』などで知られるスペインの名優アントニオ・バンデラスも登場している。

 映画『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』は、2023年6月30日より日米同時公開。