韓国の大ヒット映画『パラサイト 半地下の家族』が、日本で鄭義信の台本・演出により舞台化され、東京・THEATER MILANO‐Zaにて2023年6月5日〜7月2日、大阪・新歌舞伎座にて同年7月7〜17日に上演されることが決まった。

 ポン・ジュノ監督がメガホンをとった映画『パラサイト 半地下の家族』は、2019年に韓国で公開され、観客動員数は1000万人を突破。日本でも瞬く間に大ヒットとなり、2020年に公開された外国映画の中では最高の興収を記録した。第72回カンヌ映画祭で韓国映画“初”となるパルム・ドールの受賞を果たし、第92回米アカデミー賞では非英語作品として史上初の作品賞受賞のほか監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の計4部門受賞という快挙を成し遂げた。

 映画は社会問題化している「格差社会」というテーマを描きながらも、所々にちりばめられた緻密な伏線やテーマ性が話題を呼び、サスペンス、ブラックコメディー、ヒューマンドラマなどの“ジャンルを超えた傑作”として世界各国で称賛の嵐を巻き起こした。

 日本での舞台化にあたり台本と演出を手掛けるのは、映画『愛を乞う人』『焼肉ドラゴン』、舞台『泣くロミオと怒るジュリエット』などで知られる脚本・演出家の鄭義信。ポン・ジュノ、鄭義信の両氏と親交が深い李鳳宇プロデューサーの企画のもと、日本での舞台化が実現することとなった。

 日本版では1990年代の関西に舞台を移し、先が読めないもう一つの“半地下の家族”の物語が誕生。舞台ならではの衝撃のラストも描かれる。

 堤防の下にあるトタン屋根の集落。川の水位より低く、一日中日が差さず、地上にありながら地下のような土地で、金田文平の家族は家内手工業の靴作りで生計を立てて暮らしている。一方、対称的な高台にある豪邸で、永井慎太郎、妻の千代子、娘の繭子、引きこもりの息子・健太郎がベテラン家政婦の安田玉子とともに暮らしている。文平の息子の順平は、妹の美妃が偽造した大学の在籍証明を利用し、繭子の家庭教師としてアルバイトを始める。息子の健太郎のアートセラピーの教師として、美妃が、慎太郎の運転手や玉子がクビになるように仕向け、その後釜に、文平と妻の福子が、と一家は永井家に寄生していく…。

 COCOON PRODUCTION 2023『パラサイト』は、東京・THEATER MILANO‐Zaにて2023年6月5日〜7月2日、大阪・新歌舞伎座にて同年7月7〜17日上演。