吉高由里子が主演を務める大河ドラマ『光る君へ』(NHK総合ほか)第6回「二人の才女」が11日に放送され、ファーストサマーウイカ演じるききょう(清少納言)が登場。まひろ(吉高)との初対面が描かれると、ネット上には「対比が鮮やか」「完璧な描写」といった反響が寄せられていた。

 まひろは道長(柄本佑)と距離を取るため、そのライバルの左大臣家で間者を続けることを決意。そんな中、宮中で勢いを増す義懐(高橋光臣)一派に対抗するため、道隆(井浦新)は若い貴族たちを招いて漢詩の会を催す。

 まひろは父・為時(岸谷五朗)とともに、会が催される道隆の屋敷へ向かう。到着した2人が会の始まりを待っていると、そこへ為時とも懇意な歌人・清原元輔(大森博史)とその娘・ききょうがやってくる。

 のちに「源氏物語」の作者・紫式部となるまひろと、「枕草子」の作者・清少納言となるききょうの初対面。元輔と為時が互いに再会を喜ぶ中、会を楽しみにしているききょうは笑顔で「はぁ〜胸が高まりますわぁ。大いに楽しみましょうね、まひろ様」と話しかける。まひろは少したじろぐものの、ワクワクしている様子のききょうに笑顔で応じるのだった。

 その後、会が始まり、参加者がそれぞれに詩を披露。感想を聞かれたまひろが少し緊張した口ぶりで詩の感想について応えると、ききょうが横から「私はそうは思いません」と声を上げて自論を展開。戸惑うまひろにききょうが「そうじゃございません?」と同意を求めると、元輔は思わず咳払いをして娘を牽制する。

 正反対のキャラクターとして描かれたまひろとききょうの初対面に、ネット上には「清少納言は陽キャで、紫式部は陰キャ 解釈一致だわ〜」「陰キャと陽キャの出会いが完璧な描写」などの声が集まり、さらに「まひろとききょうの対比が鮮やか」「短い邂逅で2人の対比が浮き彫りになっていて面白い」といったコメントも相次いでいた。