小芝風花が主演を務め、亀梨和也が共演するドラマ『大奥』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第10話が21日に放送され、亀梨が将軍・家治役と歌舞伎役者・市村幸治郎役の1人2役で登場。家治と幸治郎が同じ画面に並ぶシーンには「眼力と色気で画面割れそう」「眼福」といった反響が寄せられた。

 倫子(小芝)は、家治から“将軍家の子ではない”という秘密を打ち明けられる。倫子は家治から田沼(安田顕)にこの秘密を握られ、言いなりになるほかなかったとも聞かされる。困惑する倫子だったが、そんな中、家治は体調を崩してしまう。

 一方、定信(宮舘涼太)は江戸の町で歌舞伎役者の市村幸治郎を見かける。幸治郎が家治と瓜二つであることに驚いた定信は、そのことを倫子に文で知らせるのだった。倫子は早速、家治に幸治郎の存在を伝える。家治は「これ以上、何かを知って何になる…」と幸治郎を避けようとする。

 しかし家治は自身の出生の秘密と向き合うために幸治郎との対面を決意。亀梨演じる幸治郎の姿に、ネット上には「幸治郎さまも素敵だわ…」「かっっっっこよ 幸治郎やばいやばい」「美しい!いなせだね」などの声が続出。さらに同じ画面上で亀梨が演じる家治と幸治郎が並ぶと「上様と幸治郎様の眼力と色気で画面割れそう」「画面いっぱいに!パーフェクトイケメン!」「2人が画面に並んで眼福」といったコメントが相次いでいた。