スカーレット・ヨハンソン、チャニング・テイタム、ウディ・ハレルソンが初共演する映画『FLY ME TO THE MOON』(原題)が、邦題を『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』として、7月19日より全国公開されることが決まった。そして北米大陸横断皆既日食が始まる本日、予告編が全世界で解禁された。

 本作は、月面着陸55周年を機に、もう一つの“月面着陸”にまつわる舞台裏を完全オリジナル脚本でユーモラスかつスタイリッシュに描いたエンターテインメント作品。日本公開日の翌日は、55年前、アポロ11号が月に着陸した記念すべき日。

 美貌と巧みな話術でNASAや世界中の人々を軽快に欺いていPRのプロ、ケリー役にはスカーレット・ヨハンソン。本作ではプロデューサーとしても名を連ねる。そしてケリーと敵対する実直なNASAの発射責任者コール役にはチャニング・テイタム。この2人の初競演に加え、重要なキーパーソンとなるのがモー役のウディ・ハレルソン。ニクソン大統領の側近として超極秘ミッションを企てる男という一見シリアスなキャラクターだが、彼が演じることで奇抜かつ憎めないベテランならではの演技を披露している。監督は『フリー・ガイ』のプロデューサーのグレッグ・バーランティ。

 1969年、米国。ケネディ大統領が宣言した「人類初の月面着陸を成功させる国家的宇宙プロジェクト=アポロ計画」がスタートして8年。人類の大きな夢はいまだ成功ならず、米ソ宇宙開発競争で後れを取る中、失敗続きの米航空宇宙局(NASA)に対して国民の月への関心は薄れ、予算は膨らむ一方。この悲惨な状況をなんとかしようと、ニクソン大統領に仕える政府関係者モー(ウディ・ハレルソン)を通してNASAに雇われたのは、PRマーケティングのプロ、ケリー(スカーレット・ヨハンソン)。

 このプロジェクトを全世界にアピールするためなら手段を選ばないケリーは、アポロ11号の宇宙飛行士たちを「ビートルズ以上に有名にする!」と意気込み、月面着陸に携わるNASAスタッフにそっくりな役者たちをテレビやメディアに登場させ、“にせ”のイメージ戦略を仕掛けていくる

 そんな彼女に、実直で真面目なNASAの発射責任者コール(チャニング・テイタム)は反発するが、やり手のケリーは聞く耳を持たず、コールの代役まで雇ってしまう始末。しかし、ケリーの見事なPR作戦により、月面着陸は全世界注目の話題となり、盛り上がりはピークにるそんな時、モーからケリーにある衝撃的なミッションが告げられる。

 「月面着陸のフェイク映像を撮影する!」。断ったら政府に消される―。月面着陸のフェイク映像を撮影するという超極秘プロジェクト。早速ケリーはアームストロング船長の代役や撮影監督を雇い、厳戒態勢の中、NASAのケネディ宇宙センター内部に作られた「うその月面」での撮影準備を進めるが…。

 「そんなことは絶対に許さない!」。仲間の月面着陸成功を信じて猛反対するコールと、にせの月面着陸制作にまい進するケリー。対立する2人の前にさらなるトラブルやアクシデントが勃発する中、ついにアポロ11号は発射の時を迎え、月面着陸までのカウントダウンが始まった。世界中が見守るテレビ生中継で35億人が目撃したのは、リアルか“フェイク”か―。

 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』は、7月19日より全国公開。