高畑充希と岡田将生が夫婦役でダブル主演する6月14日配信のドラマ『1122 いいふうふ』(Prime Video)より、いまどき夫婦のもどかしい距離感を醸し出すティザービジュアル、初解禁の映像で贈る特報が公開された。また、菊池亜希子、内田理央、市川実和子ら主人公夫婦を取り巻く全キャストが一挙解禁された。

 渡辺ペコの人気漫画を実写化する本作は、夫婦であり、家族であることの難しさと、愛おしさを繊細かつ赤裸々に描く新しいマリッジ・ストーリー。監督を今泉力哉、脚本を今泉かおりが務め、初の夫婦合作に。高畑充希と岡田将生が初共演で、夫婦役を演じる。

 解禁されたティザービジュアルは、一子(高畑)と二也(岡田)がソファーに仲良く座ってこちらを見つめるワンカット。友達のような夫婦でありながら、実はセックスレスで子供もいない2人。夫婦の在り方模索中の2人を演じる高畑と岡田の柔らかい雰囲気も相まったビジュアルが完成した。

 さらに初解禁となるドラマ本編の映像からなる特報は、「家(うち)に恋をしている人がいます」「恋をしている人はキラキラるんるんしてます」と、ニヤニヤしながら料理をする恋する夫・二也をじいっと見つめる一子の一見おだやかな表情。でも、その心のうちは?という場面から始まる。

 あることをきっかけにセックスレス中の2人は、世間一般の夫婦とはちょっと違ったルール「婚外恋愛許可制」を導入中。二也の恋人・美月(西野七瀬)はもちろん夫に黙って二也と付き合っているので、夫の志朗(高良健吾)の「あの一緒にいた人、誰?」という問いかけに「お花教室の人にたまたま会ったの」と二也との関係をはぐらかしたり、彼らを取り巻く人々との展開に妄想がふくらみそうなシーンの数々が続く。

 2人で選択した夫婦のかたちだけど、美月と絶賛恋愛モードの二也とは正反対に、恋煩いのような嫉妬のような訳の分からない気持ちで絶賛モヤモヤ中の一子。そんな一子の前に現れ、王子様がお姫様にするように一子の手にキスをする“女性向け風俗店”のセラピスト・礼(吉野北人)。はたして一子と二也との間にどんな波乱が起こるのかー?

 また、これまでにダブル主演の高畑、岡田に加え、西野七瀬、高良健吾、吉野北人、中田クルミ、宇垣美里、土村芳、そして成田凌の出演を発表してきたが、このたび新たな出演者が解禁。

 二也の姉・相原とう子役に菊池亜希子、志朗がバーで出逢う若い女性客役に内田理央、一子が礼と出会うエステサロン・花園の店長役に市川実和子、一子がウェブデザインの仕事を請け負っているみどり整体の院長役に片桐はいり、美月の母親・笹塚きみ子役に森尾由美、二也の母親・相原咲子役に宮崎美子、一子の母親・山根奈々役に風吹ジュンとそうそうたる女優陣が出演。

 さらに、志朗が訪れるバーのバーテンダー役を演じる芹澤興人、ある事件が起こるホテルのフロントマン役に前原滉、不動産屋の社員役に橋本淳など個性豊かな男性陣も出演。このキャストたちが、高畑演じる一子と岡田演じる二也夫婦とどのように関わり、物語を彩っていくのか、期待が高まる。

 ドラマ『1122 いいふうふ』は、Prime Videoにて6月14日に世界独占配信開始(全7話)。