ディズニー/ピクサーの最新作『カーズ/クロスロード』の公開にあわせて来日したブライアン・フィー監督とプロデューサーのアンドレア・ウォーレン氏にインタビュー。表紙に『となりのトトロ』が描かれた雑誌を見つけ、ごきげんな表情を見せるフィー監督は、「二人ともトトロの大ファンなんだ。この作品にも影響を受けたシーンがあるよ」と明かすなど、終始笑顔で、本作に込めた思いや製作秘話、さらにはピクサーの“失敗を怖れない”チャレンジ精神についても熱く語った。

 全米初登場第1位の大ヒットスタートを切った本作は、“クルマたちの世界”を舞台に、天才レーサー、ライトニング・マックィーンの活躍を描く『カーズ』の最新作。新世代レーサーの台頭に押されるマックィーンが、“人生の岐路”で苦悩する姿を、仲間たちとの友情を絡めながら描く。

 「マックィーンをアスリートとして捉えている」というウォーレン氏は、やがてくる“引き際”の選択をエモーショナルに描きたかったと語る。「アスリートというのは肉体的に限界があるので、普通の人より現役生活は短く、次のステージをどうするのか、という問題に直面する。そしてもう一つは、今まで自分を支えてくれた“恩師”への思い。この二つを組み合わせて物語を膨らませていったの。マックィーンというキャラクターをより掘り下げるために“世代交代”というリアルな壁が必要だった」。

 脚本を担当したボブ・ピーターソンは、「ストーリー制作時に『スター・ウォーズ』シリーズをかなり参考にした」と発言しているが、「自分が影響を受けた作品は、自然に出てくるもの。ボブもきっとそうだよ」と頷くフィー監督。「僕だってそうさ。例えば『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で、森の中をスピーダー・バイクが激走するシーンがあるだろ?あれはレースシーンでとても参考になったよ!」とニッコリ。さらに、「森のシーンでは『となりのトトロ』をかなり意識したよ。あの雰囲気や空気感、美しさはとにかく素晴らしいからね。匂いまで漂ってきそうな、そんな森を表現したいと思ったんだ」と振り返る。

 まるで少年のように作品を熱く語るフィー監督だが、実はメガホンを取るのは本作が初めて。超人気作だけにプレッシャーはなかったのだろうか?「チャンスをもらって本当に嬉しかった。演出している期間は人生で一番幸せな時間だったよ。ただ、それと同時に、人生で一番辛い時間でもあったね」と本音がポロリ。『カーズ』の生みの親であるピクサーの恩師ジョン・ラセターからも「付きっきりでアドバイスをもらった」というフィー監督は、その中で最も印象に残ったのが、ピクサーに受け継がれる“スタッフ愛”だと強調する。

 「この作品には300人以上のエキスパートが関わっているけれど、彼らを心からリスペクトし、彼らが最高の仕事をできる環境を作ってあげること。その中で監督は、物語が破綻しないようにしっかりとコントロールし、そして、この作品を作る上でのインスピレーションをみんなに与え続けることが大切だと、改めて学んだよ」と述懐。さらに、「局面ごとの判断は監督に委ねられるけれど、ピクサーは“何でも試してみよう”という空気を大切にしている集団。“失敗しても、また取り戻せばいいんだよ”というチャレンジ精神に満ちた環境が常にいいもの生み出す血液になっているんだ」。

 最後に、これからの時代を担う若きアニメーターへのアドバイスを求めると、ピクサーで共に切磋琢磨した二人は口を揃えてこう主張する。「アニメーターとしての技術を磨くのは当たり前。でもそれは、自分のアイデアを伝えるためのツールに過ぎない。大切なのは、自分のビジョンをツールというフィルターを通してどう観客に伝えていくか、ということ」。人を感動させる作品を作るためには、その先がある。「たくさん映画やアニメを観ること。自分が感動したら、なぜ、心が動かされたのか、その瞬間を考えてみることが大切」と語るフィー監督。若きアニメーターへの激励と共に、それはまるで、自身へ向けた言葉のようにも聞こえた。(取材・文・写真:坂田正樹)

 映画『カーズ/クロスロード』は全国公開中。