俳優の福士蒼汰が、過去に秘密を抱える主人公を演じる新ドラマ『愛したって、秘密はある。』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)が、16日に放送スタートし、視聴者からは「面白い〜でもめちゃめちゃ怖い!」と第1話のクライマックスに引き込まれたという声が続出している。

 『愛してたって、秘密はある。』は、秋元康原案により「愛する人の秘密をどこまで許せるか?」をテーマにした“自問自答”ラブミステリー。弁護士を目指す黎(福士蒼汰)には、11年前、父・皓介(堀部圭亮)からDVを受ける母・晶子(鈴木保奈美)を助けるため、父を撲殺しその遺体を母と共に自宅の庭に埋めたという秘密があった。

 第1話では、黎は秘密を胸に抱えながら、地検で検察修習生として真剣に事件に向き合う一方で、同期の爽(川口春奈)と交際。プロポーズを受け結婚を決意する。しかしその報告を爽の両親に報告しに行く際に、爽の父が地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)であることを知る。その立花に黎は「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

 そんな中、黎のもとに、あきらかに秘密を知っていると思われる者から「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」と書かれた不気味なメールが届く。更に庭の父を埋めた場所には花が供えられてていた。そしてある朝、家の庭から母の悲鳴が。黎が庭に向かうと、かつて父を埋めた箇所が掘り起こされていた。

 放送後のSNS上では、「1話目から想像を上回る怖さだった…何よあのメール」「めっちゃ怖くね?メールのとこ鳥肌たったんだけど」「こえ〜よ…急に面白くなってきた…」「ラスト10分こわっ!」とラストの怖さを伴った急展開にすっかり引き込まれたという声が相次いだ。

 一方で「福士くんのスーツ姿大好物すぎる」「苦悩する蒼ちゃんの顔がたまらん!」「福士くんに、家庭教師教わりたい」「福士くん超カッコいい…スーツ超似合う…」「川口春奈が可愛すぎる。そればっかり見てる」「春奈ちゃん、綺麗すぎて可愛すぎてガン見」「春奈ちゃんくっそかわいいなほんとに」と福士、川口それぞれの演技や表情に萌えたという声も多く寄せられている。