お笑い芸人のバカリズムが、『FNS27時間テレビ』(フジテレビ)内で放送される戦国時代と幕末を舞台にしたスペシャルドラマ2本の脚本を手がけることが決定した。バカリズムは「ここまでちゃんと『27時間テレビ』に関わるのは初めてなので、すごく光栄ですね。“やっとか”という思いでうれしいです」と喜びのコメントを寄せている。

 9月放送の『FNS27時間テレビ にほんのれきし』は、総合司会ビートたけし&キャプテン村上信五、“れきし”サポーターに林修という強力なメインキャストに加え、マルチな才能で唯一無二の存在をほこるバカリズムが縄文時代から近現代まで網羅した「にほんのれきし博物館」の館長に就任する。

 今回バカリズムが手がけるドラマのうち1本目は『僕の金ケ崎』と題し、天下無双の織田信長が豊臣秀吉、徳川家康、明智光秀を従えながらも撤退戦を余儀なくされたという“金ケ崎の戦い”を描く。“戦国時代の四傑”が史実に基づきつつも、4人の武将による<あったかもしれない>やりとりを、現代的な台詞で緊張感と笑いを織り交ぜるという。

 キャストには、直情型のワガママ男・織田信長役に大杉漣。稀代の成り上がり者・豊臣秀吉役を中尾明慶、生まれながらの中間管理職・徳川家康役を渡辺いっけい、プライドの高い曲者・明智光秀を杉本哲太が演じ、バカリズム自身も服部半蔵役で出演する。バカリズムは「一流の俳優さんたちがバカバカしい台本を全力で演じてくださっているので、そのギャップが非常に面白いです」とアピールしている。

 2本目は『わたしたちの薩長同盟(仮)』。坂本龍馬、桂小五郎、西郷隆盛ら3人の幕末志士が締結したと言われる薩長同盟を予想だにしない新展開で描く。バカリズムは「そもそも今語られている歴史物語は想像のたまものだと思うので、それをどこまで面白く書けるかが大事だと思っています」と意気込みを語っている。

 『FNS27時間テレビ にほんのれきし』はフジテレビにて9月放送予定。