V6の岡田准一が18日、都内で開催された主演映画『関ヶ原』の完成披露イベントに、共演の有村架純平岳大東出昌大伊藤歩、滝藤賢一、西岡徳馬、役所広司、原田眞人監督らと出席した。本作が関ヶ原の真実を描くことに絡めて、当日は一同が“誰も知らない真実”を告白。東出は岡田が撮影後の深夜にトレーニングを行おうとしていたことを明かし、「うわ、鉄人だ!って思った」と語った。

 司馬遼太郎の同名小説を実写化した同作は、石田三成(岡田)率いる西軍と、徳川家康(役所広司)率いる東軍が繰り広げる天下分け目の合戦を描く歴史大作。史上最大の合戦「関ヶ原」に向かう、武将たち、女たちの“未来に向けた想い”、そして「関ヶ原」の誰も知らない“真実”が描かれる。

 主演の岡田は「若い頃、時代物をできるようになってほしいとか、先輩方にすごく言っていただいて。やっとその先輩方に観ていただきたいなって心から思える、時代本格エンターテイメント合戦ものを、原田監督に撮っていただけた」と喜びを口にすると、「中身というよりも、出れたことに涙が出る。これに出れてよかったなって思える作品でしたね」と続けた。

 命を懸けて三成を守る忍び・初芽を演じた有村は、出来上がった作品を観て「圧倒されながら観たんですけど、本当に”あ、もう終わりなんだ”って思うくらい、あっという間に。気づいたら終わっているっていう感覚。本当に圧倒でした」と感想を述懐。

 イベントでは、物語に絡めて、誰も知らない真実を告白し合う一幕も。東出は深夜の撮影後に、たまたま岡田とロケバスで遭遇したことを回想。飲みたい気分だったという東出は、「こういう晩は帰ったら何されてるんですか?」と岡田に聞いたことを明かし、「(岡田は)“今12時くらいだから、帰ったらトレーニングかな”って。“うわ!鉄人だ”って思った(笑)」とコメント。これを受けた役所が、以前に岡田が深夜に木刀を持って走っていたことを暴露すると、岡田は「その時に役所さんを誘ったんですけど、“俺はいいや”って言われて。すっごい優しく断られた(笑)」と明かし会場を沸かせていた。

 映画『関ヶ原』は8月26日全国公開。