マクドナルドがアメリカで発売したケール入りの新作バーガーを巡り、ツイッターユーザーが盛り上がりを見せている。そのきっかけとなったのは、海外メディアInc.による新作バーガーの紹介ツイートだ。ツイート内でInc.は「マクドナルドがミレニアル世代の大好物入りのバーガーを発売」とだけ紹介。「ミレニアル世代の大好物」はケールを指しているのだが、ツイート上では明かされないその内容について、ユーザーたちが皮肉を交えて予想し始めたのだ。海外メディアHuffington Postが伝えた。

 「ミレニアル世代」と聞くと一言物申したい人は大勢いるようで、その「大好物」を巡って時に辛辣な珍予想が続々と寄せられた。

 バーガーの材料である「ミレニアル世代の大好物」の予想として寄せられたツイートの一部を紹介すると「歪んだサルカズムと湿っぽいネット情報で表現される見え透いた自信のなさ?」「自己嫌悪?」「債務放棄?」など。皮肉に満ちたツイートが続々である。

 さらには「現金?」「ベビーブーマー世代が好きなことの消滅」「手が届く値段の家?」「生活可能な賃金?」「スナップチャット・ダンシング・ホットドッグ」「ニヒリズムをバーガーに入れるなんて変だね、でもOKなんでもいいや」などが続く。

 なお、この新作バーガー「マクドナルド・シグネチャー・スリラッチャ・サンドウィッチ」が販売されるのはアメリカのサンディエゴ、シアトル、ロサンゼルスの店舗だ。