前クールの主演ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で演じた、恋に不器用なキャリアウーマンから一変、最新出演ドラマ『あいの結婚相談所』では、シスターなのに惚れっぽいという思わぬ役どころに挑戦する高梨臨。連続ドラマの続投、映画出演、来年の大河ドラマ『西郷どん』にも名を連ねるなど、今オファーが絶えない人気女優だ。共演の山崎育三郎をもってして「キレイでおとなしそうなイメージ」といわしめた高梨だが、「全然(笑)、おとなしくないです!」とあっけらかんと笑うチャーミングささえ持つ。ただの美人女優枠には収まらない、高梨の魅力を探った。

 加藤山羊作画、矢樹純原作の人気コミックを映像化した『あいの結婚相談所』は、入会金200万円、成婚率100%の結婚相談所を舞台に繰り広げられるコメディタッチのドラマ。2000年から続くテレビ朝日の人気枠「金曜ナイトドラマ」史上初の「結婚」ドラマとなり、高梨にとっては、波紋を呼んだ『不機嫌な果実』以来の同枠出演となる。「戻ってきた感じ」とホームの顔を見せた高梨は、「スタッフさんたちも『お久しぶりです』という感じです!前は薄汚れた心を持った嫉妬心にあふれる女性を演じていましたが(笑)、今回は100%ピュアなシスター。全然違った役ですよね」と、好奇心旺盛に目をキラキラさせた。

 本作主演の山崎とは、初めてタッグを組むが印象を聞くと高梨は「和やかな空気を纏っていらして、本当に居心地のいい方です」と穏やかに語る。劇中では、山崎が歌ったり、踊ったりという場面も出てくるが、高梨は、「すごい楽しみです!絶対すごいですよね?贅沢ですよね!最前線で見られるので、世の中の育サマファンに嫉妬されちゃう(笑)」と、ミュージカル界のプリンスの本領発揮場面を待ち遠しくしていた。

 高梨の役どころは、そんな山崎扮する、元動物行動学の准教授で結婚相談所所長の藍野真伍のアシスタントを、“なぜか”勤めることになったシスター・エリザベス。自身では「結婚相談所はまだ無縁…」と話すも、結婚自体に興味はある様子。「私は、やっぱりちゃんと会って見つけたい派です。まだ結婚に夢を見ているタイプだなと思います」と、「いつか」迎える日について想いを馳せる。さらに、「結婚って、結局は思いやりなんだろうなと思います。お互いに配慮があって譲り合えることが、現実的に考えたら大事だろうなとは思うんですけど…」と、現実を見据えつつも、「ドラマのような恋がしたい状態です(笑)」と女子的な憧れも捨ててはいない。

 現在、作品続きで忙しさを極めている高梨だが、本作に入る前はオフの時間を少しもらえたようで笑顔をみせるも、「ふふ」と一呼吸置き「出不精なんです。何も考えずに、本能のままに1日中ゲームをしたり、ボケ〜っと1日テレビを見ていたりとか(笑)。私、放っておいたら自堕落生活を送っちゃうんです。1週間続けていたら、『そろそろ働かないと人としてダメになる!』とスイッチが入ります。今、準備万端です!」と、作品へ向かう心境までを明かす。フルスロットルで臨む本作、新たな高梨像が発揮されるようでオンエアが待ち遠しい。(取材・文・写真:赤山恭子)

 『あいの結婚相談所』は、テレビ朝日系にて7月28日より毎週金曜23時15分から放送(※一部地域を除く)