大人気医療ドラマの第三弾『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の第2話が24日放送。新人の指導をめぐり、厳しく育てる藍沢耕作(山下智久)と、やさしく教える白石恵(新垣結衣)の対立が激化。SNS上では「コードブルー見てると人材育成について考えさせられる」 「職場は全く違うけど、自分の仕事上の立場とかと重なる部分がある」など、共感する声があがっている。

 第2話では、脳外科にいた藍沢が救命救急センターに戻って1週間が経過したが、1分1秒が生死をわける命の現場で、藍沢と白石のフライトドクター候補生への指導方針をめぐるぶつかり合いは日ましに激化していった。

 ある日、その一人である横峯あかり(新木優子)が人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をしている姿を見かけた藍沢。彼女をICU(集中治療室)に連れていき、「意識がない患者は“最高の練習台”だ」と練習を促すが、横峯はその非情さに泣き出してしまう。嗚咽する彼女に対して白石は「わかるよ。まずは少し落ち着こう」とやさしく声をかけるのだった。

 そんな中、石ケ浦マリーナでクレーンで吊るされていた船が落下し、近くにいた母娘3人が負傷するという事故が発生。現場で動揺する横峯に対し、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放つのだった……。

 第2話放送後、視聴者は「救命もウチの部署も新人育てる苦労は同じだ」「今パートさんを教育してるんだけど、自分の判断でどこまでやらせるかの線引きが難しい」など、それぞれの環境と重ねていた。
 
 また山下には、「山Pが救急車乗るだけでかっこいい」「私を山Pのヘリの座席のシートベルトとして起用してください」など、そのかっこよさに萌えるファンも。

 勤務明け、新垣結衣と戸田恵梨香が私服で帰る姿には「ガッキーと戸田ちゃんの私服姿がかわいすぎる!!」「制服姿も素敵やけど、私服姿もいいよな」と反応していた。フライトナース・冴島はるか役の比嘉愛未には、「前世でどんな徳を積んだら比嘉愛未の顔面になれるの」とうらやましがる声もあった。

 『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』はフジテレビ系にて、毎週月曜21時から放送。