劇団EXILE・鈴木伸之が、27日に日本テレビ系の情報バラエティ番組『PON!』に出演し、自身が出演する映画『東京喰種 トーキョーグール』(29日公開)のハードな撮影を振り返った。

 これまでは割と悪役を演じることが多かったと語る鈴木。4月期に放送されたドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)では、主人公のヒロインと不倫をするクズ夫役で話題となり人気に火がついたが、ネットでエゴサーチ(自分のことを検索)をしたところ「鈴木伸之のクズ役まとめ」というサイトがが出てきたことにショックを受けたことを告白。

 『東京喰種トーキョーグール』では一転して正義を貫く喰種捜査官・亜門鋼太郎役を担当し、「今回は正義感のある役柄なので、すごく楽しかった」と喜んだ。かなりハードなバトルシーンにもチャレンジしており、番組ではメイキングシーンを披露し、初挑戦であるという棒術などの映像とともに「今までで一番アクションを鍛えさせていただきました」と撮影までの日々を振り返った。

 一方、自身の苦手なものとして「虫がすごく苦手」と語る鈴木は、子供のころには虫取りにも行っていたようだが「今は触れなくなっちゃって…」とカブトムシ等の人気ペットにも触れなくなっており、常に防虫グッズはそろえているという。

 そんなギャップを見せたこの日の鈴木の姿に、番組放送後ツイッターでは「鈴木伸之くん爽やか〜」「伸之くんめっちゃかわいい」「伸く〜ん、カッコイイ!あっ、確かに髪短くなってるわ」とファンから喜びの声が多く寄せられている。