北野武監督にとって18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』(10月7日公開)が、8月30日よりイタリアにて開催される第74回ベネチア国際映画祭の、クロージング作品として上映されることが決定した。

 『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、累計興収22億円超を記録した超人気シリーズだ。そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎える本作でも、超豪華キャストが全員暴走し、先の読めない“裏切り”“駆け引き”“騙し合い”を繰り広げる。

 本作は世界最速で上映されるワールドプレミアとして、映画祭の開催最終日である9月9日に行われる授賞式後に上映される。北野監督とベネチア国際映画祭の関わりは深く、これまでに第54回ベネチア国際映画祭にて『HANA‐BI』が最高賞である金獅子賞、第60回ベネチア国際映画祭にて、『座頭市』が監督賞にあたる銀獅子賞を受賞しており、今回の受賞にも期待がかかるところ。今回の決定を受け、北野監督が公式上映に参加することも併せて発表された。

 また、『アウトレイジ』シリーズとしては、第1作目『アウトレイジ』が第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映、第2作目『アウトレイジ ビヨンド』が第69回ベネチア国際映画祭コンペティション部門にて上映されているため、3部作全てが世界三大映画祭にて上映されるという快挙を果たすこととなる。

 映画『アウトレイジ 最終章』は、10月7日全国公開。