1945年にフィンランドの作家トーベ・ヤンソンによって発表されて以来、絵本、コミックス、アニメーションとして、世界中の人びとから愛されているムーミンの物語。その映画最新作となるパペットアニメ『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』が、12月2日に全国公開されることが決定し、温かみのあるビジュアルも到着した。

 『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は、2009年の『ムーミン谷の夏まつり』、2010年の『ムーミン谷の彗星』に続く、パペットアニメ ―ションシリーズ最新作。本シリーズは、原作者であるヤンソン自らが監修し、「大好きな作品」と語っていた、1978年から82年にポーランドで製作された短編テレビシリーズを、フィンランドにてデジタル・リマスター化し、劇場版長編映画として完成させたもの。本作はシリーズで初めて冬のムーミン谷を舞台とする。

 物語は、木の葉が舞い落ちる秋で幕を開ける。知的好奇心いっぱいのムーミントロールは、友だちのスナフキンと共に、ムーミン谷にまもなく訪れる冬を感じようと出かけることに。そしてムーミンは、「クリスマス」の存在を知ることとなる。“クリスマスさん”って誰? どんな人?と疑問に思うムーミンは、不思議な冬の魔法、驚きの数々、そしてムーミン谷に訪れる最高の夜と出会っていき…。

 到着したビジュアルに収められているのは、木々にしんしんと降り積もる雪の輝き、そして月の光に照らされた一面の銀世界だ。美しい冬景色は、不思議で温かなムーミンの世界観の魅力を、一層ひきたてているように感じられる。ちなみに、今年の12月6日は、ムーミンを生んだフィンランドの独立100周年記念日。本作は、そのメモリアル・イヤーを飾るぴったりな作品だ。

 映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』は、12月2日全国ロードショー。