俳優の坂口健太郎が1日、都内で実施されたトーンモバイル新端末発売&新CMお披露目イベントに出席。新CMの中で“空気を読まずにプロポーズ”をする坂口は、「ちょっと口角が上がっちゃう」とCMの仕上がりに自信をのぞかせた。

 8月4日よりオンエア開始となる新CMは、“空気を読まずにプロポーズ篇”(全2種)。坂口が交際している女性に対して、「僕らに子供が出来たら…」「僕らが年をとったら」と意味深に切り出した後に、新端末の魅力を紹介しつつ、空気を読まずにプロポーズをしてしまう、無邪気な姿が見どころになっている。

 この日はあいにくの雨模様となったが、現在放送中のドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系/毎週日曜21時)の撮影の合間を縫って出席した坂口は、「すこぶる調子よくやっております」とニッコリ。トーンモバイルでは通算3本目となるCMについて聞かれると、「最初にお芝居という形でやったときは、すごくテンポ感を意識しましたね。僕が喋って、ナレーターの女性の声が、突っ込みに近いような形でポンポン入るんです。それが小気味よくというか、いいシーンだなと思った」と仕上がりに満足している様子。

 「見ていて、ちょっと口角が上がっちゃうというか(笑)。最初に『こんな感じで撮るよ』と言われていたよりも、数倍、暖かさだったり、かわいらしさが出たCMだったなと思って、すごく放送が楽しみです」とも。“空気を読まないプロポーズ”については「空気を読めないって、あんまりプラスに思われない方もいらっしゃるじゃないですか。でも、空気を読めなく、優しい温かいことを言うという、この良いギャップが、3作目のCMでは、すごくいい塩梅になっているんだなと思いました」と笑顔で語った。

 トーンモバイル新CM“空気を読まずにプロポーズ篇”は8月4日よりオンエア開始。