累計部数220万部を突破した青春学園ミステリー小説『古典部シリーズ』初の映画化で、山崎賢人と広瀬アリスが共演する『氷菓』(11月3日より全国公開)の新キャストとして本郷奏多が登場することが発表された。

 映画『氷菓』は、IQ未知数の省エネ男子・折木奉太郎(山崎)と好奇心MAXのお嬢様・千反田える(広瀬)を中心に、彼らが所属する部員ゼロ&廃部寸前の“神谷古典部”を舞台に、33年前に起きたある事件の真相へと迫る様を描いた謎解き青春学園エンターテインメント。

 映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』2部作やドラマ『ラブホの上野さん』などで活躍中の本郷が演じるのは、えるの伯父で33年前に起きたある事件の重要人物、関谷純役。えるが奉太郎の推理力を見込み、伯父(関谷純)が“やさしい英雄”と呼ばれるきっかけとなったある事件の謎を解き明かしてほしいと依頼したことが、本作物語の重要なポイントとなる。

 5歳のえるは、叔父から彼がかつて神山高校で籍を置いた古典部に関するとある話を聞かされ号泣。叔父はその日を最後に消息不明となる。その真相に迫った奉太郎ら新生古典部は、33年前に発行された古典文集「氷菓」へとたどりつき、神山高校で起こったある事件で関谷純が英雄として学園を去った事実を知る…

 撮影は終始一人で行われ「どなたともご一緒できず寂しかったです」と語る本郷だが、本作はアニメ作品を見ており「無理なく実写化できる世界観でありながらとても人気のある作品なので、実写化するなら是非みてみたいなと思っていました」と作品への思いを語った。

 また、本作のメガホンをとった安里監督について「(以前から)お会いしてみたかったので、今回ご一緒できて嬉しかったです。仰っていただいたイメージに近づけるようにしたつもりです」とその対面を喜ぶとともに、撮影への取り組みを明かしている。