アメコミ映画『スパイダーマン:ホームカミング』で共演するスパイダーマン役の俳優トム・ホランドと相手役のミシェルを演じる女優・歌手のゼンデイヤ。撮影が始まってから幾度となく交際説が浮上し、7月にも熱愛中と伝えられたばかりだが、ゼンデイヤが映画業界誌「Variety」とのインタビューでトムとの交際をきっぱり否定したという。

 ハリウッドで活躍する若手特集となった最新号で女優クロエ・モレッツらと一緒にフィーチャーされたゼンデイヤ。トムとのツイッターでのキュートなやり取りや、SNSで流行ったタイポダンス・チャレンジの仲良し動画などが話題になり、交際をウワサされてきたが「私達は友達よ。恋愛ではない。彼は素晴らしい人よ。文字通り、親友の1人。この何ヵ月もの間、一緒にプレスツアーをしてきた仲だもの。それがどういうものか、20歳で理解している人はごくわずかなの」と、トムとは同じ体験を共有することで分かり合えることが多いという。

 ゼンデイヤはトムと初めて会った時のことを振り返る。「トムは初対面の時に気まずかったと言うわ。彼は握手しようとして私はハグしようとしたからみたい。でも私はその事を覚えていない」とゼンデイヤ。自分がトムよりも背が高いことを気にしていたそうだが、トムとのオーディションは座って行われたとのことで結果的によかったそうだ。