第70回カンヌ国際映画祭で、最高賞に位置するパルムドールに輝いた映画『THE SQUARE(原題)』が邦題を『ザ・スクエア 思いやりの聖域』として、2018年4月28日より日本公開されることが決定した。

 本作は、現代アート美術館のキュレーターが、盗まれた財布とスマートフォンを見つけるために“ある行動“を取ったことで、予想外の事態に巻き込まれていく様を描いたヒューマンドラマ。

 『フレンチアルプスで起きたこと』で、“壊れゆく家族の絆”を描いたスウェーデンの俊英リューベン・オストルンドがメガホンを取り、脚本も執筆。アート界で成功を手にしたエリート紳士が遭遇するさまざまなハプニングを軸に、他者への無関心や欺瞞(ぎまん)、階層間の断絶といった現代社会の問題を、痛烈な笑いを交えつつ、美しくエレガントに浮かび上がらせていく。

 カンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞以降もヨーロッパ映画賞で6冠に輝くなど、これまでに16の賞を獲得、14のノミネートを果たしている本作。アカデミー賞外国語映画賞では、スウェーデン代表に決まっている。

 映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は、2018年4月28日より、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamura ル・シネマ、立川シネマシティほかにて全国順次公開。