女優の吉高由里子が11日、『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系/毎週木曜20時)に出演。ギャルに変装しおどける吉高由里子に、プライベートでも親交のあるハリセンボンの近藤春菜がツッコミを浴びせる一幕があった。

 以前から番組を見ていたという吉高にスタッフが「お家でテレビとか観るんですか?」と質問。すると吉高は「観ます!」と即答すると、続けて「お家帰るまでに台本を見て、帰ってすぐ玄関から服を脱ぎながらお風呂場に行って、シャワー浴びてあがってハイボール飲みながらテレビ観てます」と自身のプレイベートを明かした。

 今回の企画は、番組レギュラーのハリセンボン近藤と共にギャルに変装し街へ繰り出すというもの。吉高と近藤はプライベートでも仲の良い親友同士。昨年は夏に2人で1週間のロンドン旅行に出かけたという間柄だ。

 吉高は変装してやってみたいこととして、遊園地へ行きアトラクションに乗るというものや、東京・新大久保で激辛料理を食べたいと提案。これに春菜は「辛いものが好きだから、青唐辛子とか普通にバリボリ食べてたもんね!」と吉高について明かすと、彼女も笑いながら「バリボリ食べますね」とコメントした。

 吉高はバレないようにカラーコンタクトをつけて、メイクで顔にホクロまで描き込んで完全にギャルに変身。自身の見事な変装ぶりにテンションが上がった吉高がギャル口調で「まじアゲ〜」とおどけると、続けて「天井ズブ抜け〜!」と一言。これに近藤が「ギャルはそんなこと言わないから!」とツッコむと、吉高は嬉しそうに大爆笑していた。

 遊園地で観覧車に乗ることになった2人。車内で近藤が「出会って8年以上は経ってるよね?」と切り出すと「なんだろう、もう身内に近いっていうか」と2人の関係性についてコメント。これを聞いた吉高が笑顔で「そうだね〜東京のお袋!」と言葉をかけると、近藤も嬉しそうに笑顔を見せた。