女優の石田ゆり子が24日、自身のインスタグラムに、デビュー当時16歳時の貴重な水着ショットを公開。みずみずしい笑顔を見せた姿に、ファンから「かわいい」「今のゆり子さんとはまた違う可愛さ!」など反響のコメントが続々と届いている。

 「きのう、とある会食の席でBGMに山下達郎さんの『悲しみのジョディ』が流れてきた」という石田は「心は一瞬でデビュー当時の16歳の自分にフラッシュバック」したという。



 「山下達郎さんはわたしのデビューした全日空の1987年の夏キャン(夏のキャンペーンのことです。当時はこういうふうに言ったんですよ)の曲を作ってくださった方です」と説明した石田。石田は1987年、ANAの沖縄キャンペーンガールに選ばれ、CMに出演。山下達郎の楽曲「踊ろよ、フィッシュ」に乗せ、真っ青な海と白い浜辺で、ワンピースの水着を着て、弾けるような笑顔を見せていた。



 「撮影当時16歳の私は何もかもが楽しくて 未来が果てしなく続くと思っていた」と当時を回顧した石田は、「あぁ、不思議な気持ち。音楽ってすごい。山下達郎さんのコンサートに行きたい」としみじみとコメントとしていた。



 石田がアップした貴重なショットにはファンから「かわいすぎる」「懐かしい写真ですね」といった歓喜の声が続々と寄せられたほか、ミュージシャンのスガシカオからも「今でもゆり子さんの未来は、果てしなく続いてますよ!!!」といった声が届いていた。



引用:https://www.instagram.com/yuriyuri1003/