田中圭と原田知世がダブル主演を務めるドラマ『あなたの番です‐反撃編‐』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第19話が1日に放送され、ラストシーンに「予想外すぎた」「すごい展開」「鳥肌立った」などの声がSNSに殺到した(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

 二階堂(横浜流星)の作ったAIの分析で、黒島(西野七瀬)が犯人の可能性が高いという結果が出る。翔太(田中)が黒島には犯人の条件がそろっていると主張すると、二階堂が黒島をかばい2人は険悪な雰囲気に…。その後、翔太たちは刑事の水城(皆川猿時)から、田宮(生瀬勝久)が人を殺したと自首してきたことを知らされる。田宮は水城の取調べで、自分が犯した殺人の詳細を語り始める。

 事件の黒幕をおびき寄せるために“挑戦状”を作成することにした翔太と二階堂。二階堂は“あなたが5人の笑う遺体の殺人犯だという証拠をつかみました”という書き出しの挑戦状を作成し、翔太が404号室の江藤祐樹(小池亮介)、301号室の尾野幹葉(奈緒)、202号室の黒島沙和(西野七瀬)、204号室の西村淳(和田聰宏)の郵便ポストに投函する。この展開に「ドキドキする!」「4人全員集合するんじゃない?」などの反響がSNSに寄せられた。

 手紙で待ち合わせ場所に指定したホテルの一室に待機する翔太と二階堂。時計が指定の時刻を示すと2人が待つ部屋の扉をノックする音が聞こえる。翔太が緊張の面持ちで扉を開けると、そこには尾野が立っていた。尾野を見据える翔太。その瞬間、後ろから二階堂が近づき翔太の首に腕を回して強い力で締め上げる。二階堂の突然の行動に「は〜〜?!」「マジかーー?!」といったツイートが殺到。

 顔を真っ赤にしながら背後の二階堂を困惑の表情で見つめる翔太。一方の二階堂は涼しい顔で翔太の頸動脈を締めながら、扉の前に立つ尾野に対して「ありがとう」とつぶやく。ラストシーンに訪れたまさか人物の行為に「これは予想外すぎた」「すごい展開や…」「鳥肌立った」「衝撃すぎて眠れない」などの声がネット上に集まった。