俳優の斎藤工が主演を務めるドラマスペシャル『最上の命医 2019』(テレビ東京系/10月2日21時)より、女優の田中麗奈や俳優の岸谷五朗ら、豪華共演者が発表された。田中はテレビ東京のドラマ初出演となる。

 本作は、自ら病に冒されながらも、消えそうな小さな生命に極限まで向き合う小児外科医・西條命(斎藤)の奮闘を描く医療ドラマ。2011年1月期の連続ドラマから始まり、2016、17年にスペシャルを放送。今回が第3弾のドラマスペシャルとなる。田中や岸谷のほか、永井大、村田雄浩、泉谷しげるが脇を固める。

 小児外科医の西條命(斎藤)は、看護師の多岐川菜月(田中)と共に、房総の田舎町の診療所で臨時医師として働いていた。チョークをかじる異食行動の女児・中園柚をケアする一方、手術不可能と診断された男児をオペで救うため、東房総医療センターの中込隆三院長(村田)の協力要請を受けていた。そんな中、房総刑務所に服役していた佐久間耕作(岸谷)が脱獄したというニュースが世間を騒がす。そして柚が突然姿を消してしまい…。

 発表された追加キャストは5名。田中は命と共に田舎町の診療所で働く看護師・多岐川菜月役を、岸谷は殺人罪で房総刑務所に服役する受刑者・佐久間耕作役を、永井は命と対立する東房総医療センターの医師・関光一郎役を務める。また村田は命の小児外科医としての力を利用しようとする東房総医療センター院長・中込隆三役を、泉谷は先天的な心臓疾患を抱えて生まれた命を神業ともいえる手術で救った、命のいのちの恩人で、命が医師として目標に掲げる存在でもある神道護を演じる。

 田中は「命を繋ぐ“無限の樹形図”という真っ直ぐなテーマを、長年に渡り視聴者に届けていらっしゃる制作チームの皆様の現場姿を間近で見る事が出来たのは、私にとってとても良い経験でした。この作品を見てどう感じるかは、安心して視聴者の皆さまに委ねられると思います。きっと心が洗われるような作品になってるんじゃないかな」とコメントした。

 岸谷は「ハラハラドキドキする内容があり、心温まる部分があり、色々な要素が詰まった2時間ドラマだと思います。久々に見ごたえのあるドラマだと思うので、ぜひ見て頂きたいなと思います」とアピールした。

 ドラマスペシャル『最上の命医 2019』はテレビ東京系にて10月2日21時放送。