タレントで女優の平愛梨が18日に自身のインスタグラムを更新。トルコのヘアサロンでパーマをあてようとしたエピソードを写真とともに披露した。

 「嘘やろ?!の話」の書き出しから始まる投稿で彼女が明かしたのは、パーマをあてたいという思いからトルコのヘアサロンを訪ねた際のエピソード。平はロングカールをした女性の画像を見せながら、根元のみのカラーリングとパーマを依頼。美容師はカラーリングをすると、ドライヤーで乾かして突然、髪を切り始めたそうで「カットは頼んでないんだけど...傷んだ部分だけ切ってくれてるんだなー」と考えたとのこと。

 しかし美容師は念入りにブローをしはじめてクシで髪をクルクルしだしたそう。自分の要望と違う美容師の対応に、平は「とりあえず様子みようと思ってたら...フィニッシュ!!ズコーッ パーマならぬただのカールやないかぃ!!」とこん身のツッコミ。また平は「しかも...長さがランダムに 髪...伸ばしてたんだが」とトラブルに見舞われたことも明かした。

 「癖っ毛な私は只今2児の母。朝からヘアーを気にしてられない だからパーマかけたら少しは時短になるかなーとカールになった自分をイメージしていただけにプチショック」としつつも、「せっかくだからこのヘアーを活かしてみよう!と、自宅に着いてこの1997年時のヘアースタイルみたくなった雰囲気に合うお洋服を探してみた」とコメント。

 あわせて投稿された写真には彼女が、カールされた髪と相性のいい白いワンピースを着た姿や麦わら帽子をかぶった姿が収められている。