King & Princeの平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太が19日、都内で開催された「セブン‐イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会」に出席。彼らが初めてプロデュースしたクリスマスケーキを初披露し、クリスマスの思い出を明かした。

 今年のセブンイレブンクリスマキャンペーンのイメージキャラクターを務めることになったKing & Princeだが、平野は「クリスマスを盛り上げていきたい」と力強くあいさつ。

 彼らは今回、ショートケーキとモンブランの2種類のクリスマスケーキをプロデュース。会場で試食した岸は「見た目もおいしさも、これぞ、ケーキ界のKing & Princeですね!」と笑顔で絶賛した。

 またトークでは、クリスマスの思い出をフリップで発表することに。神宮寺は小さい頃にサンタに「茶色のトイプードルが欲しい」と手紙を書いたことを告白し、「小型犬が入る靴下を置いていたら、おもちゃカード5000円入ってて。親に文句いったら、逆に怒られました」としみじみ。

 平野は弟と一緒に5年連続で“変身ベルト”をお願いしていたそうで、「激しい戦闘で、翌日戦って壊れて。親に直してもらってました」とニッコリ。また、それをつけ弟とバトルを繰り広げていたそうで、「最終的に右ストレートになっていました」と明かし、会場の笑いを誘っていた。

 また「ギョーザパーティー」と答えた永瀬は、小学生の頃に友達と行ったクリスマス会でチョコやからしなどを詰めたことを告白。だが、「一番おいしかったのは普通のギョーザでしたね」と苦笑い。さらに、岸は動物好きで、小学6年間生き物図鑑を頼んでいたことや、高橋は小さい頃に父親からもらった野球のグローブのエピソードを披露していた。

 さらに、今年のクリスマスにやりたいことを聞かれた平野は、明日から開幕するラグビーワールドカップにふれ、「日本中スポーツの熱で包まれているので、スポーツ観戦したいです。熱気で寒さを飛ばしたい」と期待を寄せていた。