TOKIOの松岡昌宏が主演を務める10月16日スタートのドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)に、女優の黒島結菜、松本まりか、俳優の清原翔、でんでんが出演することが発表された。黒島はドラマのキーパーソンとなる女子大生役、清原、松本、でんでんは主人公・シ村(松岡)の同僚のシ役所職員役を演じる。

 あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちの壮絶な生前の姿が次々とあぶり出されていく。

 黒島が演じるのは、20歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんでわがままな女子大生・三樹ミチル。生活事故死課で取り扱う事案で死亡したが、「酒を強要されたから」という理由で“殺人”として手続きをしてもらうことを望み、シ役所に居座る。

 黒島は役どころについて「キャラクターが明るくて、またその明るさが逆に悲しいと思うところもあったり。『死役所』の中で唯一の『一般視聴者目線』となるキャラクターだと思うので、常に視聴者の方々に近い存在でいたいなと思っています」と話す。

 清原は、生活事故死課の職員・ハヤシに扮する。ハヤシは一見チャラそうな今風な青年だが、出生に大きな秘密を抱え、苦しみ抜いた末に大事件を引き起こした男だ。清原は「ハヤシは僕に年齢が近いキャラクター。発言や行動がフワッとしていて、なんか理解できる部分があり、身近に感じられました」と印象を明かしている。

 松本が演じるのは、生前は美容師だった自殺課の職員・ニシ川。美人で仕事ができるが笑顔はなく、口が悪い。松本は「私自身がニシ川のファンであり、もちろん原作のニシ川のファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、『どう演じればいいのか?』という思いでプレッシャーに押し潰されそうになりました…その分とてもやりがいがあります!」と意気込む。

 でんでんは、他殺課の職員・イシ間を演じる。イシ間はこわもてだが人情に厚く涙もろいシ役所の良心。生前は妻に先立たれ子どももなかったため、めいのミチを娘のようにかわいがっていたが、イシ間はある事件に巻き込まれてしまう。演じるにあたりでんでんは「昔の『義理と人情』を大事にする時代をとにかくイメージしています」と話している。

 ドラマ『死役所』は、10月16日よりテレビ東京系にて毎週水曜24時12分放送。