米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話(10月17日放送)に、女優の松坂慶子がメインゲストとして出演することが発表された。大学病院食堂のおばちゃん役を演じる。松坂と米倉は初共演。

 2年ぶりのシリーズ復活となる本作は、群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけを武器に突き進むフリーランスの外科医・大門未知子(米倉)が、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、手術や治療を成し遂げるため一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマ。

 第1話で松坂が演じるのは「東帝大学病院」の食堂で働くおばちゃん・岩田一子。下町の生まれらしいきっぷの良さと人柄で食堂を明るく切り盛り。医師や看護師たちに母親のような懐の深さを見せる一方、病院にやってきた新副院長のニコラス丹下(市村正親)の優しさに心をときめかせる乙女のような一面も。

 体が丈夫で元気が取り柄だった一子だが、突然、“肺塞栓症”の疑いが浮上。居合わせた未知子はさらなる精密検査の必要性を訴えるが、ニコラス丹下が推し進めるAI診断にのっとり、一子は手術台へと上げられてしまい…。

 『ドクターX』の大ファンだったと話す松坂。「米倉涼子さんが演じる大門未知子のキャラクターがとても素敵だし、出演されている俳優さんが皆さんうまい」と、これまでのシリーズを見てきた感想を語った上、「第1話のゲスト…プレッシャーですよー!」と告白。「これまでの皆さんのお芝居を見てきているので本当に責任重大だなぁと思っているんです」と、意外な心情を明かす。

 役どころについては「下町生まれできっぷの良い、あっけらかんとした女性といったイメージで臨んでいます」と語り、「市村正親さんも本当に大ファンなので、ご一緒できるのがうれしくて…! そしてこの後、いよいよ手術台に上がることになるので、ドキドキしながらも、大門先生に肩に手を置いてもらうのを楽しみにしているんです」と話している。

 ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』第1話は、テレビ朝日系にて10月17日21時放送(15分拡大)。