TOKIOの松岡昌宏が主演を務める10月16日スタートのドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)に、追加レギュラーキャストとして女優の余貴美子、第1話から4話までのゲスト出演者として織山尚大(少年忍者/ジャニーズJr.)、酒井若菜、野間口徹、三浦貴大、豊嶋花が出演することが発表された。

 あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちの壮絶な生前の姿が次々とあぶり出されていく。松岡がシ役所「総合案内」で働くミステリアスな主人公・シ村を演じ、彼の同僚のシ役所職員役として、黒島結菜、松本まりか、清原翔、でんでんが出演することがすでに発表されている。

 余が演じるのは、おおらかで、いい男に絡むのが好きで、逆に女性職員にはなかなか冷たく、シ役所職員の過去も知っている油断ならない死産課のシ役所職員・シン宮。原作者のあずみきし本人が「もともと余貴美子さんをイメージして作ったキャラクター」と語っており、今回理想のキャスティングとなった。

 余は原作について「早く続きが読みたいと思うぐらい引き込まれています」と明かし、「撮影現場では、血だらけの若者、天寿を全うされたおじいさんおばあさんなど、様々な理由で亡くなられた方々が死役所を訪れるため多勢の出演者が居ます。そんな死者に囲まれ非日常の空間の中で、ついつい自分の死に方を考えてしまう半面、シン宮を演じる中で成仏できる生き方をしたいと感慨深いものもあります」と撮影現場の感想を語っている。

 第1話「自殺ですね?」にゲスト出演する織山が演じるのは、義理の父との関係性に悩み、また学校でのいじめの末に自殺をしたことでシ役所に現れる鹿野太一役。織山は「不思議な世界に入り込んでしまった感じで、『人との温かい交わりが亡くなった後にあぶり出される』という今までになかった作品のような気がします」と感想をコメント。

 第2話「母」に登場する酒井が扮する荻野泉水は、不妊治療に励んでやっと赤ちゃんを宿すが、ある日赤ちゃんと共に自身も生命の危機に陥る。それでもさまざまな困難を乗り越え、前に進もうとする女性だ。『サイコメトラーEIJI』『マンハッタンラブストーリー』などで松岡との共演経験がある酒井は「この母親が感じた痛みを、40分1話の中に凝縮させることへの難しさを痛感しました」と振り返り、「大切な人を亡くした経験のあるかたがこのドラマをご覧になったとき、『死役所』という場所を想像し、ほんの少しでもその想像力が心を軽くするきっかけになればいいな、と願うばかりです」と真摯に語っている。泉水の夫・荻野貴宏役を演じた野間口も「自分の身近な出来事を重ねながら演じました」とコメントを寄せている。

 第3話「人を殺す理由」で三浦が演じるのは、父親から引き継いだ定食屋を夫婦二人三脚で守っていたが、とある因縁の男に殺され、納得できないままシ役所に来ることとなる坂浦眞澄役。三浦は「人間の死を通して生きる意味や希望を描いている作品なので、ぜひフラットに見ていただき、その先の希望を見出していただければと思います」と作品をアピール。

 第4話「初デート」で豊嶋が扮するのは、大好きな彼との夢のようなデートの途中で不慮の事故により亡くなってしまう伊達夏加役。「好きな人の前では奇麗なままの姿で」という女性ならではの繊細な感情をのぞかせる夏加について豊嶋は「ドラマの中でも特に痛々しい姿になる子です」と明かし、本作について「1日1日を大切に後悔のない人生を送りたいと考えさせられるドラマだと思います」と語っている。

 ドラマ『死役所』は、10月16日よりテレビ東京系にて毎週水曜24時12分放送。