“20年後のサザエさん”を女優・天海祐希の主演で描くスペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』(フジテレビ系/11月24日20時)に、俳優の小手伸也が出演することが決まった。小手は、マスオが勤める海山商事の同僚・穴子(47歳)を演じる。

 1969年のテレビアニメ放送開始から10月で50周年を迎え、その記念すべき年に磯野家の20年後をオリジナル脚本で描く本作。天海がサザエを演じるほか、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、フネ役を市毛良枝、波平役を伊武雅刀が務める。

 TVドラマ、映画、舞台に引っ張りだこで、日本を代表する名バイプレーヤーとなった小手が今作で演じるのは、マスオの同期入社で20年後も変わらず海山商事で営業に勤しむおなじみのキャラクター・穴子。アニメでは27歳とは思えない“老け顔”が印象的だが、20年を経て逆に年齢よりも少し若く見られるようになった。

 マスオとともに出世をするも、部下である新入社員たちが、いわゆる“ゆとり世代”で、コンプライアンスにうるさい時代にもなり、強いことも言えず、逆に新入社員に気を遣う日々を送っているという役どころだ。そんな穴子の気晴らしと言えば、20年前と変わらず、公私ともに仲の良いマスオとの“帰りに一杯”。仕事の愚痴などを言い合いながら、一杯ですむわけもなく、夜は更けていく…。

 マスオ役の西島と初共演となる小手は、「“マスオさんと穴子さんという国民的キャラクターをお互いが目の前で背負っている”というおかしみも相まって、とても楽しい撮影になりました。西島さんも“小手くんがそんな風にやるんだったら僕も<えぇ〜!>のバリエーションもっと考えないと!(笑)”と、正しいかどうかは一旦置いておいて(笑)、何かしら刺激を受けてくださったようで、そんな2人の既視感あふれるやりとりを、皆様も一緒に楽しんでいただけたら幸いです! ご期待ください!」とコメントしている。

 スペシャルドラマ『磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜』は、フジテレビ系にて11月24日20時放送。