モデルで女優の飯豊まりえが初単独主演を務めるホラー映画『シライサン』より、ホラーキャラクター「シライサン」の全身姿を捉えた恐怖の場面写真が解禁された。併せて、「シライサン」の呪いの恐怖を体験できるホラーゲーム特典が付いた前売り鑑賞券(ムビチケ)が10月25日より発売されることも決定した。

 本作は、薄暗い通りを歩いていると、鈴の音が鳴り異様に目の大きな“それ”が近づいてきて、自分の名を知っている者を次々と襲うという都市伝説「シライサン」の恐怖を描く、小説家・乙一こと安達寛高の脚本・監督によるオリジナル作品。安達の長編監督デビュー作となる。飯豊は不自然な親友の死の真相を追い続け、呪いの連鎖に巻き込まれてしまう女子大生を演じ、稲葉友、忍成修吾、谷村美月、染谷将太、江野沢愛美ら若手実力派が脇を固める。

 今回解禁された場面写真は2点。1点目は、夜の病院で両手を前に差し出して佇むシライサンの全身を捉えたもの。2点目は、女性の顔に伸びるシライサンの両手が大きく写し出されたカット。合掌した状態で、手のひらには杭が打たれており、そこから鈴のついた紐が貫通して下がっている。

 安達監督は、一番の特徴である、こちらを見つめる大きく腫れ上がった目について「“見る”ということが重要な話なので、幽霊の目を強調すべきではないか、ということになったんです」と解説。そして、シライサンのビジュアルについて「合掌もそうですが、聖痕のような穴が手のひらに開いているのは宗教的な感じがするし、同時に呪術的でもあります」とコメントしている。

 ムビチケの特典となるホラーゲーム「目撃〜目でシライサンを撃退せよ〜」は、全3ステージが用意されている。1ステージ、2ステージはオンライン上で無料でプレイすることができ、3ステージはムビチケ購入者のみが挑戦可能。ステージごとに難易度が増していくため、3ステージではより深く“シライサン”の呪いの世界を堪能することができる。

 映画『シライサン』は2020年1月10日より全国公開。