今年6月に結婚を発表した、EXILEのAKIRAとリン・チーリン夫妻が17日、台湾・台南市の全台吳氏大宗祠で挙式を行い、幸せいっぱいの“夫婦”ショットが公開された。

 2011年に舞台『レッドクリフ 〜愛〜』で共演し、昨年末頃から交際に発展。約半年間の交際を経て2019年6月に婚姻届を提出した2人。

 当時AKIRAは「多忙な日々の中、志玲さん(リン)はいつも自分のことよりも家族や仲間を大切にし、それ以上に、自分の活動を通してファンの皆様やアジアの多くの方々を大切にし、沢山の愛情や勇気を届けている姿を近くで見てきて、その責任感の強さと、愛に溢れる人柄に心惹かれました。そして、どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる大きな優しさに、感謝の気持ちと共に、志玲さんを心から幸せにしたいと真摯に思いました」とコメントし、日本をはじめ台湾や中国本土など、世間でも大きな話題を集めた。

 挙式が執り行われた台南市は、リンの母方の出身地で、リン家にとって思い入れの深い場所。「チーリンの祖母や家族との素敵な思い出や記憶、ルーツがある場所で挙式を開き、文化と言葉の壁を超え、愛に満ち溢れた交流の場にしたい」と、AKIRAから台南市での挙式を提案したという。

 両家の家族や親族のほか、親交の深い知人や関係者など100人ほどが見守る中で永遠の幸せを誓い合ったAKIRAとリン。挙式後には市内で結婚披露宴も行い、会場の台南市美術館前には3000人を超す市民が2人を祝福しようと詰め掛けた。

 また、この日、EXILEメンバーや三代目 J SOUL BROTHERSら後輩グループなどから、2人を祝うビデオメッセージがサプライズで贈られ、披露宴に華を添えた。