戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第9週「火まつりの誓い」(第50回)が26日に放送され、父を亡くした照子(大島優子)を喜美子(戸田)が慰めるシーンに、ネット上には「この空気感、癒される」「涙ドバドバ出てる」「泣けた」などの声が集まった。

 丸熊陶業社長の急逝から葬儀が終わり、落ち着いた頃に喜美子はようやく照子と顔を合わせることに。カゴにいっぱいの夏みかんを持って、絵付け係の部屋に入ってきた照子。2人は向き合ってテーブルに座ると、何も言わず黙々と夏みかんの皮をむいて食べ始める。喜美子が照子に見せつけるように大口を開けて夏みかんを頬張ると、照子も負けじと夏みかんを頬張る。競い合うように夏みかんを食べていると、お互いにおかしくなって思わず笑い合う。2人のこのやりとりにネット上には「この空気感、癒される」「ハグなどもすることもなく、喜美子と照子のこの場面好きです」「幼なじみ感が半端ない」などの声が寄せられた。

 照子は喜美子に妊娠したことを告げると「御愁傷様とおめでとうが同時到来や」とつぶやく。すると喜美子は真剣な表情で「御愁傷様。おめでとう」と言葉をかける。そして喜美子は心配そうに「泣いたん? ちゃんと泣いた方がええで」と気遣うと、照子は目を潤ませながら「誰が泣くかぁ!」と声を上げ、あふれようとする涙を必死にこらえる。このシーンにネット上には「二人のやりとりに涙ドバドバ出てる」「泣けたわ」「涙をこらえる照ちゃんの姿にこちらの涙があふれてしまったよ」といったコメントが相次いだ。