俳優の佐藤二朗が、2020年4月から放送されるドラマ『浦安鉄筋家族』で主演を務めることが発表された。佐藤は、とにかく超テキトーでだらしがない大沢木家の大黒柱・大鉄を演じる。

 「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で25年以上にわたり連載を続けている大人気ギャグ漫画シリーズ『浦安鉄筋家族』初のドラマ化となる本作は、千葉県浦安市に住むパワフルな一家・大沢木家が巻き起こす、どんな些細な出来事もドンチャン騒ぎになってしまう家族のエクストリーム・ホームコメディ。佐藤演じる大鉄をはじめ、個性豊かな大沢木家メンバーや近所に住む仲間達が、“常に全力”で愛らしい浦安の日常を繰り広げる。主演を佐藤が務めるほか、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日)シリーズの瑠東東一郎が監督、ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を担当する。

 「これは、もう、役作りは不要。なんなら演じることも不要。なにせ“精神年齢8歳の50歳児”の僕です」と語る佐藤は、「テレ東さんと手を携え、地上波のギリギリに、ふにゃふにゃしながら挑みたいと思っています」とコメントした。

 プロデューサーからの第一声が「テレ東史上最大の問題作にして下さい」だったと明かす瑠東監督は「その魅力の全てを作品に詰め込んで、前代未聞の問題作に昇華出来ればと思います。“笑い”のその奥に、家族ならではの“やわらかいもの”を描ければと思います」と意気込む。脚本の上田は「1話の1シーン目から、撮影できるのかなこれ、という場面になりましたけど、瑠東監督と佐藤二朗さん、そしてキャストの皆様の家族愛にも似たチームワークで乗り越えてくださるでしょう」と期待を込めた。

 ドラマ24『浦安鉄筋家族』はテレビ東京系にて2020年4月より毎週金曜24時12分放送。