女優の上白石萌音が主演を務め、俳優の佐藤健と初共演する2020年1月スタートのドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系/毎週火曜22時)に、女優の香里奈が謎の美女役で出演することが発表された。香里奈のほか、毎熊克哉、渡邊圭祐、山本耕史らも出演する。

 円城寺マキによる同名漫画をドラマ化する本作は、超ドSなドクターへの一目ぼれがきっかけでナースとなった主人公が、無謀ながら真っすぐに思いを伝え続ける、医療×愛×冒険の物語。

 ある日、偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会った主人公・佐倉七瀬(上白石)は、彼に会いたい一心で猛勉強の末、ナースになる。だが、5年越しに再会した憧れのドクター・天堂浬(佐藤)は七瀬が思い描いていた人物とはまるで別人。周囲から「魔王」と恐れられている超ドSな天堂に憤慨しつつも、仕事に恋にまっすぐな七瀬は、根性で次々に起こる困難に食らいついていく。

 香里奈が演じるのは、天堂とただならぬ縁を持つ謎の美女・流子役。ノリは若干古いが見た目は派手なイイ女で、七瀬と天堂の恋模様に大きく関わっていくキャラクターだ。香里奈は流子について「お酒が大好きで、明るく誰にでもフランクで頼りがいがある女性です。その一方で彼女なりの悩みやバックグラウンドも抱えていて、弱い部分も持っているような人だと思っています」と説明。

 日浦総合病院の副院長であり、循環器内科の医師部長・小石川六郎にふんする山本は「こういう時間帯の連続ドラマは、実は割と久しぶりに出演します。40歳を過ぎるとちょっとしたスパイス的に登場することも多いけど、こうやって本当にファミリーとしてドラマに参加するのは久しぶりなので、みんなと本当に楽しく撮影できたらいいなと思っています」と語っている。

 また、毎熊は天堂と同じ循環器内科の医師・来生晃一役で、天堂とは同期だが性格は正反対の“優男”を、渡邊は七瀬の同期である新人看護師・仁志琉星役で、看護師でありながら血を見るのが苦手という“ヘタレキャラ”を演じる。

 火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』はTBS系にて2020年1月より毎週火曜22時放送。