女優の中山美穂が主演を務め、共演に木村多江と大島優子を迎える2020年1月11日スタートの『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』(WOWOWプライム/毎週土曜22時)より、HiHi Jets/ジャニーズJr.の高橋優斗、女優・モデルの佐久間由衣らオールキャストが発表された。高橋は中山演じるヒロインの息子役を演じる。

 本作は、現代社会の家族像をリアルに投影し、新しい“結婚観”や“夫婦観”、そして“家族観”を問いかける大人のドラマ。同じマンションに住む3人の女性とその3つの家族、それぞれが抱える事情と欲望が入り乱れる様が描かれる。監督には映画『神様のカルテ』やドラマ『偽装の夫婦』の深川栄洋を迎え、小説家・沢木まひろがオリジナル脚本を手掛ける。

 二子玉川のマンションの最上階に住む内田百々子(中山)は官能作品で人気を誇るレディコミ漫画家であり、再婚相手・櫂斗(生瀬勝久)と大学生の息子を家族に持つ母でもある。同じマンションには富澤瑞希(木村)・一太(上地雄輔)夫婦も住んでおり、友人でもある百々子と瑞希は、なじみのダイニングバーでストレス解消も兼ねた近況報告を繰り広げる日々。

 そんなある日、マンションに新婚の夫婦が引っ越してくる。それは、20年前に百々子が別れた前の夫・鴨居葉介(長野博)と、その新妻の流美(大島)だった。元夫婦がそれぞれ再婚して隣人同士に。さらに百々子や瑞希が抱えていた“秘密”があぶり出されていくことになり、3人の妻たち、そして3つの家族の関係は単なるご近所付き合いではすまされない様相を呈していく。

 高橋が演じるのは、百々子(中山)と櫂斗(生瀬)の長男・内田柊司。父親の経営する会社を継ぐことを志す大学生のひとり息子だが、両親が抱える“事情”に葛藤を抱えることに…。

 佐久間は、瑞希(木村)と一太(上地)の長女で大学生の富澤真由役。真由は演劇研究会所属で、芝居に恋に忙しい日々を送っており、その天真らんまんさに瑞希と一太はハラハラさせられることになる。

 このほか、瑞希の母親で「恋多き女」新倉竜子役に高橋惠子。流美(大島)と葉介(長野)の再婚を機に同居することになり、百々子たちと同じマンションの住人となる葉介の父・鴨居巌役に片岡鶴太郎。百々子の担当編集者・羽室南役に堀内敬子。櫂斗の部下で、柊司がアルバイトするサンドイッチバーの責任者・山中てまり役に片瀬那奈。さらに、七瀬公、中川翼、笠原秀幸、駒木根隆介、桂三度らの出演が発表された。

 『連続ドラマW 彼らを見ればわかること』は、WOWOWプライムにて2020年1月11日より毎週土曜22時放送(全8話)。