Hey!Say!JUMPの中島裕翔が主演を務め、俳優の間宮祥太朗、女優の上白石萌歌が共演する2020年1月8日スタートのドラマ『僕はどこから』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)より、俳優の音尾琢真、女優の須藤理彩、仙道敦子ら追加キャストが発表された。

 市川マサの同名漫画をドラマ化する本作は、特殊な能力を持つ青年とエリートヤクザの“若さゆえに抱える苦悩”や“揺るぎない友情”を真正面から描く青春異能クライムサスペンス。脚本は、映画『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞した高橋泉が担当する。

 文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内薫(中島)。認知症を患う母と2人暮らしの薫には、類いまれな能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。そんな薫に、さらに「母の事故」という悲劇が降りかかる。絶望に陥った薫の前に、元同級生の暴力団組長・藤原智美(間宮)が現れる。智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を生かして成功直前までこぎつけるが…。

 発表されたのは、主人公たちを取り巻く役どころとなる6人の共演陣。智美(間宮)の身の回りのお世話係の権堂真司役を音尾琢真が、講談会系東宮寺組会長の子飼いであり、笑顔を張り付けた得体のしれない男・山田龍一役を高橋努が演じ、冷酷無慈悲な講談会系東宮寺組会長・東宮寺正胤役に若林豪が扮する。

 さらに、息子の玲を名門大学に入れることに固執し、玲に執着する・井上涼子役を須藤理彩が、母・涼子からの執着に耐え兼ね、薫&智美も巻き込む大きな事件を起こす井上玲役を笠松将が務め、若年性アルツハイマーを患っている、息子思いの薫の母・竹内陽子役には仙道敦子が決定した。

 音尾は「間宮祥太郎さんよりずっと年上だけど子分という立ち位置も面白く、自分なりの居様を見つけさせてもらいました」と語り、仙道は「中島さんは昔から拝見しておりましたが、思った通りの優しいオーラの人でした。親子のシーンを重ねていきながら、人柄にも触れて、中島さん演じる薫くんとの穏やかな時間が画面にも溢れているかと思います」とコメントしている。

 ドラマ『僕はどこから』は、テレビ東京系にて2020年1月8日より毎週水曜24時12分放送。