女優の天海祐希が脳外科医役で主演を務める2020年1月11日スタートのドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』(日本テレビ系/毎週土曜22時)に、俳優の福士誠治、女優の藤本泉、森田望智が、いずれも看護師役で出演することが発表された。

 本作は、外科医の中でも一握りの「手術の天才」が集う脳外科を舞台に、常に完璧を求められ、手術はすべて成功して当たり前という最高の医師(トップナイフ)たちがそれぞれに抱える秘密と爆弾を巡る群像劇。患者を救うために天才医師たちは何を手放したのか、神の技術と人間の苦悩・葛藤を描く。天海は、東都総合病院脳神経外科の脳動脈瘤のスペシャリスト・深山瑤子役を演じる。

 福士が演じるのは、天才脳外科医たちを支え、時に振り回されるベテラン看護師・犬飼剛役。犬飼は、女帝・深山からの厳しい要求に応え続けてきた数少ない看護師だが、私生活は謎に包まれている。福士は「犬飼は医師と患者、人と人を繋げる役どころ。天海祐希さんをはじめ個性あふれるキャストのみなさまの中で関節部分のように存在できたら素敵だなと思います」とコメントしている。

 森田は、いつでも冷静沈着、優秀な若手看護師・小沢真凛役。役どころについて「ツッコミ系のキャラクターで、冷静で仕事が出来る23歳。個性的な5人の医者を客観的に見ている看護師なので、どこか視聴者の方々の目線に近いのではないのかなと思います」と話す。公式ツイッターで展開される“#Mのつぶやき”では、森田自身が若きスーパーナース・小沢真凛として、本作の舞台となる東都総合病院の裏側を届けていく。

 藤本は同じく看護師の伏見愛子役。「脳は特有の働きをするさまざまな部位が集まって一つとなりますが、私も個性あふれる魅力的な面々が集まる脳外を支える一人として、精一杯頑張ります」と意気込んでいる。

 新土曜ドラマ『トップナイフ ―天才脳外科医の条件―』は、日本テレビ系にて2020年1月11日より毎週土曜22時放送。