戸田恵梨香主演のNHK連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合/月曜〜土曜8時ほか)の第15週「優しさが交差して」(第85回)が13日に放送され、泥酔した百合子(福田麻由子)の姿に、ネット上には「かわいい(笑)」「ジョージの遺伝」「酒癖父親譲りか(笑)」などの声が集まった。

 作品づくりに悩む八郎(松下洸平)に対して、弟子の三津(黒島結菜)は無邪気に前向きな意見を伝える。そこへ夜食のおにぎりを持ってきた喜美子(戸田)。喜美子と八郎がこれから工房で夫婦の時間を過ごそうとする中、大声をあげながら百合子が帰宅する。

 百合子は、陽気に「お姉ちゃ〜ん!」と大声をあげながら工房の戸を開くと、笑顔で再び「お姉ちゃ〜〜ん!」と叫んで喜美子に抱きつく。八郎が驚き、喜美子が半ば呆れながら「酔っ払ってるや〜ん! なに? どこで呑んでたん? 誰と呑んでたんよ〜?」と問いかけると、すっかり泥酔した様子の百合子は、口に人差し指をあてながら「チ・ミ・ツ」と一言。すっかりご機嫌な百合子の姿に、ネット上には「百合子…泥酔じゃん…(笑)」「めっちゃ酔っ払う百合子珍しい…信作のことか?」「酔っ払い百合子かわいい(笑)」といった声が寄せられた。

 続けて百合子は八郎の方に目をやると、満面の笑みで「あ! お兄さ〜〜ん!」と手を振ってみせる。さらに奥の部屋で片付けをしている三津を見つけると「三津ちゃ〜〜〜ん!」と声をあげながら、彼女を抱きしめる。

 亡くなった父・常治(北村一輝)を彷彿させる泥酔ぶりに、ネット上には「酔っ払うと陽気になるのはジョージの遺伝か」「百合子の酒癖父親譲りか(笑)」「ジョージの遺伝子が濃すぎる」「ジョージの遺伝子が濃すぎる」などの投稿が相次いだ。