女優の広瀬アリスが18日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系/毎週土曜12時)に出演。妹で女優の広瀬すずが主演を務めた2019年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』を観なかった理由を明かし、MCの久本雅美らを驚かせた。

 昨年、広瀬は三谷幸喜が作・演出を務める舞台『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』に出演。舞台の本番中に共演の佐藤二朗が段取りをミスしてしまうというハプニングが発生。本番中に発生したこのハプニングをどう乗り切ったかについて、広瀬が「ものまねとかでつないで」と話すと、久本雅美らMC陣は驚きの声をあげた。MCの久本雅美が「何のものまねしたの?」と聞くと、広瀬は「丸山礼さんがやる土屋太鳳ちゃん」と答え顔まねを披露。さらに「やしろ優さんがやる芦田愛菜ちゃん」と続けると「あのね!芦田愛菜だよ!」と声まねも披露。クオリティの高い声まねに久本も思わず立ち上がって爆笑していた。

 番組の中で妹・すずの話題になるとアリスは「お仕事の話はまったくしないです」と返答。これに久本が「お互いに見合ったりしないの?」と尋ねると、アリスは「まったく観ないです」とつぶやいた。さらに久本からの「『なつぞら』の時は観なかったの?」という質問に、アリスは「『わろてんか』観てくれなかったので、私も観ない」と返し、スタジオの笑いを誘った。

 一方、アリスは2017年のNHK連続テレビ小説『わろてんか』出演中に、すずから「お姉ちゃん、朝ドラって大変なの?」「ヒロインの子って大変なの?」と尋ねられたことを明かすと「その次の日に携帯のニュースでヒロインやるって知って、私に教えてくれなかった…と思って」と笑いながら告白していた。