アイドルグループ・欅坂46から卒業することを発表した鈴本美愉が、発表同日の23日、グループ公式ブログにて、心境をつづった。

 ブログで「お久しぶりです ここ数ヶ月ご心配とご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありません。」とあいさつした鈴本は、「私は欅坂としてパフォーマンスをする事が大好きです。欅の曲も大好きで、たくさんの影響を受けました。」と欅坂46での活動を振り返ったが、「でも心と身体がだんだん追いつかなくなり、パフォーマンスに熱が入りきらず、その気持ちを無視する事が出来ませんでした」と心境を吐露。

 続けて、「中途半端な気持ちでパフォーマンスをすることが許せなかったです。一時的な感情かなとも思いましたが、気持ちは変わらなかったです。自分が曲を伝える立場にいるのはもう違う。と思い、欅坂46を卒業することに決めました」と経緯を説明した。

 また、「今までもずっとメンバーにもスタッフさんにもファンの皆様にも申し訳ない気持ちと、罪悪感でいっぱいでアイドルとして足りないことが多すぎて自分の中でずっと葛藤していました」と謝罪しながら「こんな私にいつもファンの皆さんは温かい言葉をかけて下さって、、出会いに感謝しています」とコメント。

 卒業後については、「落ち着いてゆっくり考えていこうと思っています。どこかでまたお会いできたら嬉しいな、なんて」とつづり、最後に、「4年間ありがとうございました 欅坂46として活動していた時間はとても幸せでした」と感謝を表した。

 鈴本は、欅坂46の1期生として加入。これまでリリースした8作すべてのシングルでセンターを務めたのは平手友梨奈だったが、平手が怪我による活動休止中、鈴本が音楽番組でセンターの代役を務めるとそのダンスパフォーマンスも話題となるなど、グループの人気を牽引する存在だった。