日向坂46が出演するドラマ『DASADA』(日本テレビ/毎週水曜24時59分)第4話が5日に放送され、小坂菜緒演じるゆりあが、AKB48の楽曲「フライングゲット」のポーズをするシーンに、視聴者から「超絶かわいい」など反響の声が寄せられた。

 いつも真琴先輩(齊藤京子)から逃げ回っているゆりあ(小坂)。その理由は、真琴先輩が部長を務めるバレー部を辞めた過去が原因だった。沙織(渡邉美穂)に真琴先輩とちゃんと話すように言われたゆりあは、沙織と一緒に先輩に会いにいく。

 すると、真琴先輩は、突然2人にバレー部の練習着のTシャツを発注。「4日で仕上げられる?」と言われた2人は、デザインから縫製まで、寝る間を惜しんで大忙しに。

 ゆりあの両親の助けも借りて、2人がゆりあの実家「佐田洋裁店」でTシャツ作りに奮闘していると、突然「佐田ー!」と真琴先輩の声が。「Tシャツ取りに来たけど」とやって来た。

 ゆりあはそんな真琴先輩に「受け渡しは明日っすよね?」と言い、「フライングゲットは無理っすよ〜」と泣きそうな顔で訴える。ゆりあはこのとき、AKB48の楽曲「フライングゲット」のサビで見せる振り付けのポーズを披露。

 視聴者はこのシーンにすかさず反応し、「それ大先輩の!笑」「超絶かわいいフライングゲット」「フライングゲットこさかな」「フライングゲットこさかなが可愛すぎた」「AKBネタ使ってくれるとか、嬉しすぎ」など多数の好評の声がネット上に上がっていた。