2015年に10年間の結婚生活に終止符を打った女優のジェニファー・ガーナーと俳優のベン・アフレック。離婚の理由はベンの浮気やギャンブル、アルコール依存など、さまざまな問題が積み重なった結果だったが、ベンにとってジェニファーとの離婚は「人生最大の後悔」だという。

 2004年に交際をスタートさせ、7ヵ月後に婚約したジェニファーとベン。その2ヵ月後の2005年6月に結婚し、3人の子どもを授かったが、2015年6月末に離婚を発表。2018年に離婚が成立した。

 JustJaredによると、ベンはNew York Times紙とのインタビューで、「僕の人生における最大の後悔はあの離婚だ」と率直に語ったという。「恥というのは、ものごすく心をむしばむ。恥からいいことは生まれない。有害で忌まわしい感情に陥り、自尊心がどんどん低くなって自己嫌悪は募る一方だ」と、ベンは当時の精神状態を振り返った。

 アルコールは特に夫婦関係の溝を深めたという。ベンは「長い間、適量で済んでいたが、妻との関係が崩れかけた2015〜2016年頃にたくさん飲むようになっていたんだ。僕の飲酒は当然、夫婦間の問題を増やした」と語り、ジェニファーとの関係が崩れた非が自分にあることを認めている。

 しかし、いつまでも自分の失敗やアルコール依存の再発にとらわれているのは不健全だというベン。「僕は確かに過ちを犯し、後悔することをした。でも立ち直って間違いから学び、さらに多くを学んで前進する努力を惜しまないようにしないとね」と、現在は吹っ切れているようだ。