俳優の窪田正孝が主演を務める3月30日スタートのNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月〜土曜8時ほか)の語りを、俳優で声優の津田健次郎が務めることが発表された。

 本作は作曲家・古関裕而をモデルに、音楽で人々を励まし、心を照らした夫婦の波乱万丈の人生を描く。主人公の古山裕一を窪田が、裕一の妻となる関内音を二階堂ふみが演じる。

 津田は「『連続テレビ小説』の語りをやらせていただくというのは想像だにせぬことだったので、オファーをいただいたときは、『えっ、僕でいいんですか?』と戸惑いながら、めちゃめちゃうれしかったですね」と話す。

 作品については「本当にすてきな物語が繰り広げられておりまして、台本を見るのが毎回楽しくて、自分も一視聴者の気持ちで台本を読ませていただいております。ナレーション的には、『エール』の世界観をさらに明るく楽しく、皆さんにお届けできるように頑張っております」としている。

 NHKは津田を起用した理由について、「今回の『語り』は、客観的なことに加え心情も語り、ときに登場人物に突っ込みを入れたり、ときに嘆いたり、それも音楽がガンガン鳴っているなかで、視聴者にも聞こえるように語らなくてはならない、一筋縄ではいかない『語り』となっています。津田健次郎さんは、落ち着いた声で聴きとりやすく、耳に心地よく、何より、うまい! 津田健次郎さんの“イケボイス”が、『エール』をさらにおもしろくナビゲートしてくれます」(制作統括・土屋勝裕)としている。

 NHK連続テレビ小説『エール』はNHK総合にて3月30日より毎週月〜土曜8時ほか放送。