第92回アカデミー賞で外国語映画として初の作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いたポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』のモノクロVer.が6月5日、IMAXが6月12日より劇場公開されることが決定。併せて、劇場来場時のお願いとして、新型コロナウイルス感染予防対策を呼びかけるビジュアルも解禁された。

 俳優ソン・ガンホが主演を務める本作は、全員失業中の貧しい一家とIT企業を経営する裕福な社長一家という相反する2つの家族を軸に、貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感なども交えた悲喜劇だ。公開直後から日本でも大ヒット、アカデミー賞受賞を受けその勢いは増し、日本国内の観客動員数は330万人を超え、興行収入も46億円を突破。韓国映画として国内興行収入1位の記録を塗り替えただけではなく、『グリーンブック』(21.6億円)、『ラ・ラ・ランド』(44.2億円)など近年のアカデミー賞受賞で話題となった作品を引き離し、社会現象ともいえる盛り上がりを見せた。

 新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑みて、上映日を調整していた本作のモノクロVer.とIMAXが、このたび緊急事態宣言の全面解除を受けて公開日が決定。併せて解禁された、来場者へ新型コロナウイルス感染症の予防対策を呼びかけるビジュアルは、貧しいキム一家と裕福なパク一家の全員がマスクを着用し並んだ姿を捉えたもの。三密気味の2家族の上には「適切な距離も保ちましょう」と、自虐気味にソーシャルディスタンスを推進するコピーが添えられている。

 映画『パラサイト 半地下の家族』のモノクロVer.は6月5日、IMAXは6月12日より全国公開。