平成ノブシコブシ吉村崇とジャニーズWESTの桐山照史がMCで初タッグを組み、今年4月に放送された“笑う音楽バラエティ”『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系/5月30日14時)が、特別編として復活。阿佐ヶ谷姉妹がSNSでも話題になった“あの曲”を熱唱する。

 『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』は、芸人がアーティストになりきって自ら作詞、時には作曲し“笑える新曲”を披露するゴングSHOW。第7世代芸人を筆頭に、旬の人気芸人たちがさまざまな“笑える新曲”をターンテーブルを模した巨大回転ステージ上で次々に披露。歌の半分の時点でZeebra率いる5人のゲスト審査員が「もっと聞いていたいか」を判定し、5人中3人以上がもっと聞きたいと判定すれば、そのまま完奏することができる。しかし3人に届かなかった場合は、せっかく作ってきた曲もそこで強制終了となるため、全員が完奏を目指してチャレンジ。今回は特別編として、4月の放送では公開されなかった新ネタを加えて放送する。

 多くの歌ネタを持つ阿佐ヶ谷姉妹はコーラスを引き連れ、昨年大ヒットしたKing Gnuの「白日」にのせた一曲を披露、ロバート・秋山竜次は圧巻のオリジナルソングで勝負する。ほかにも、審査員の麒麟・川島明から「一生見られます」と絶賛されたプラス・マイナスや、ピンで歌ネタ披露が初めてとなるかまいたちの山内健司、意外な曲を披露したナイツの塙宣之など、強烈なキャラクターを持つ芸人たちがこのゴングSHOWに挑む。

 4月の放送時には、深夜にも関わらずSNS上でトレンド入りするなど話題沸騰となった本番組。中でも世間をにぎわせたのは、ある超人気俳優への思いを歌った、テレビ初出演のMASAKI。SNS上だけでなく、スタジオもざわつかせた彼は一体何者なのか注目だ。

 番組のナレーションは、大人気アニメ『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎役などの声優・花江夏樹が担当する。

 “笑う音楽バラエティ”『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル特別編』はTBS系にて5月30日14時放送(一部地域を除く)。